2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EURO2008 ミラクル・ターキー

今日の試合は、クロアチアとトルコの一戦でした。
私が予想したのはクロアチアの2‐0勝やった訳ですが・・・
 
EURO2008 スイス・オーストリア

準々決勝‐第2戦

エルンスト・ハッベル・シュタディオン(ウィーン‐オーストリア)

クロアチア 1  1 トルコ
     PK   

 EX.29 クラスニッチ(クロアチア)
   EX.30+2 セミフ(トルコ)

PK クロアチア:モドリッチ×、スルナ○、ラキティッチ×、ペトリッチ×
    トルコ  :アルダ○、セミフ○、アルトゥントップ○

 27 トゥンジャイ(トルコ)
   49 アルダ(トルコ)
   89 ウグル・ボラル(トルコ)
   EX.17 エムレ・アシュク(トルコ) 


トルコ、またも奇跡を起こしました。
試合は概ねクロアチアが支配していましたけどねえ。

クロアチアは、ドイツに勝ったメンバーを起用してきました。一方トルコは、
怪我、出場停止で6選手が欠場していました。
前半20分前には、モドリッチの抜けだしからオリッチのシュートが、
クロスバーを叩き、詰めたクラニチャルのシュートは大きく枠を外すなど、
前半序盤の互角の展開から、クロアチアペースで進んでいました。
トルコのチャンスは、開始早々のアルティントップのシュートと、40分前の
トパルのシュートくらいでしたかねえ。
後半もクロアチアペースで進み、ラキティッチ、スルナ、オリッチが
シュートを撃っていきますが、この日出場停止のヴォルカンの代わりに
入ったリュシュトゥの好セーブもあって、試合は延長戦に入ります。
延長に入って、トルコも攻撃に出るようになりましたが、試合が動いたのは、
延長も残り時間2分を切ったあたりからでした。
トルコゴール前でこぼれたボールを、モドリッチが何とか拾って浮球のパス、
必死に戻るリュシュトゥの逆を突くクラスニッチのヘディングが決まり、
クロアチアがもう残り時間も、あとわずかと言うところで先制点を入れます。
もうこれはトルコに反撃の時間は無い、クロアチアの勝利は堅いと思った、
まさに多分ラスト1プレーと言うところで、GKからのロングフィードから、
クロアチアゴール前の混戦のこぼれ球を拾ったセミフのミドルが決まり、
トルコが、土壇場で同点に追いつき、勝負はPK戦に持ち込まれます。
そして迎えたPK戦では、一人目モドリッチ、3人目ラキティッチが外し、
4人目ペトリッチが止められたクロアチアに対し、3人すべてが決めたトルコが
奇跡的な勝利を収め、準決勝でドイツと戦うことになりました。
モドリッチ、PKを外す
モドリッチ・・・
クロアチアは、今大会堅実な戦いぶりで、ここまで3連勝できていましたが、
ここまで綻びすら見せてない守備面に比べて、物足りなさの残る攻撃陣の
総合的な決定力不足が浮き彫りになってしまいましたね。
しかし、トルコは凄いですねえ~。スイス戦、チェコ戦に続いて、またも終了間際に
奇跡を起こして見せました。
延長戦の終了間際に、もう勝ったと思った瞬間の同点ゴールで、クロアチアの
選手はがっくりとなったと思いますが、トルコの選手は気分を良くしてPK戦に
臨めたはずなので、結果は見えていましたね。モドリッチ、ラキティッチは狙いすぎて
外し、若さが出た感じでしょうか。GKを意識しすぎたようです。まあドイツW杯後の、
クロアチアの象徴的な存在である二人が外したって言うのがねえ。よくPK戦では、
試合の中で活躍した選手が、外したり止められたりするんですが、今回もそれが
当てはまりました。因みに、グループリーグ全勝の国がEUROで優勝したのは、
24年前の大会に遡るそうです。

しかし、トルコも素直に喜んでばかりもいられません。ニハトが延長後半のFKの際に
足を傷め、負傷の具合によってはドイツ戦に間に合わない可能性もあります。
またこの試合でもイエローをもらう選手が出て、トゥンジャイ、アルダなどドイツ戦に
出場停止選手が出ています。ちょっとプレーが粗い気がしますね。そのあたり、
ドイツ戦に向けての課題と言えるでしょうね。




スポンサーサイト

テーマ:EURO2008 - ジャンル:スポーツ

コメント

あの時間帯でトルコはよく点を返せましたよね。
ほんとドラマチックな試合ですね。
ドイツ戦でも奇跡を起こすかもしれませんねw

こんばんわ。
それにしても凄い試合でした。
クロアチアが点を取った時は自分の予想通りだったんで、「おっ当たったかぁ~」って思ったんですけどね。(笑

クロアチアは試合をコントロールしていただけに、悔しい敗戦になっちゃいましたね。

さすがに次はないでしょうね。
あるかなぁ~!?

クロアチアはあとちょっとで勝ちだったんですけどねぇ~
その一瞬の油断で失点して、もうPK戦の時は動揺しちゃって不安そうな感じの顔だったし。
トルコの終盤での強さは怖い

ロスタイムでのトルコ、怖すぎです笑!!
奇跡は次で止めましょう!!!

リシュトゥが2002年のW杯に続き、奮闘しましたね。

トルコは接戦に強いですね。選手のやりくりが苦しい中で毎試合違ったヒーローが出てきています。

いつもありがとうございます

>銀杏さん
ホンマ、もう残り時間少ない中で、しかも一回弾き返されたにも拘らず、
トルコはよく点を取りに行ったもんやと思いましたね。
ホンマ、これ以上ない展開で、ドラマチックでしたよね。
ドイツ戦でも何かが起こる可能性はありますよね。


>たふたさん
ホンマに、「凄い試合」ってこういう試合のことを言うんでしょうね。
私もクロアチアが点を獲った時には、何とか勝ち負けの予想は
外さずに済んだと思いましたが・・・まさかねえ^^;
クロアチアからすると、試合の大半をペースを握って進めていただけに、
悔しい気持ちでいっぱいでしょうね。
次はドイツ戦ですが、ひょっとしたら、何かが起こるかも知れませんね。


>ヴィンセントさん
ホンマ、クロアチアはもうあと1分、ひょっとしたら、あのプレーさえ凌げば、
勝てていたはずですよね。確かにその瞬間、DFも中途半端な一でしたし、
油断があったかも知れませんね。
PKの時には、選手の動揺、失点を引きずってる感じは分かりましたね。
完全にトルコの勢いにのまれた感じでしたね。トルコ側のゴールでしたし。
トルコの終盤の強さって、なんなんでしょうね。ホンマ怖いくらいです^^;


>○ふう○さん
トルコの試合終盤での強さ、尋常ではないですね。
ドイツとしたら、それまでにいかに安全圏まで行けるかですね。


>shimadaさん
リュシュトゥは、今大会ヴォルカンに正GKの座を奪われていましたが、
そのヴォルカンの出場停止に、チャンスを活かした格好になりましたね。
ホンマ、スイス戦、チェコ戦、そしてこのクロアチア戦と、トルコは接戦に
強いですよね。選手も怪我や出場停止などで、遣り繰りが大変やとは
思いますけどねえ。

すいません!
諸事情で、ブログ移転しました。
http://ameblo.jp/bala13
『Football Life』です!
どうぞこれからもよろしくお願いします。

>○ふう○さん
いつもありがとうございます。
早速リンク設定変更させていただきました。
まあしばらくは両方載せておくことにします

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chelseablue.blog23.fc2.com/tb.php/993-fc8f7a56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

EURO2008 準々決勝 クロアチアvsトルコ | モドリッチのパスを決める選手がいなかった

ドイツを下し、グループBを首位で突破したクロアチアvs2度のロスタイムゴールで劇的にグループAを突破したトルコの一戦。 クロアチアはドイツを破った時と同じ3人の司令塔を置く布陣。 トルコは怪我人や累積のため苦しい布陣で臨むことに。 EURO2008 準々決勝クロアチア10...

EURO2008 準々決勝? クロアチアvsトルコ

■EURO2008 準々決勝? クロアチア 1-1 トルコ(PK戦1-3でトルコの勝利)クラスニッチ(延長後半119分) セミフ(延長後半121分)  奇跡を期待していましたが、トルコがやってくれましたまさかあの場面から追いつくとはねクラスニッチが腎臓移植からの復活は?...

トルコ クロアチアとのPK戦を制しベスト4進出

トルコ クロアチアとのPK戦を制しベスト4進出

«  | HOME |  »

プロフィール

ランプス

Author:ランプス
12月26日生まれ
イングランド・チェルシーファン。
Mr.Blueことランプスが、あなたをディープ・ブルーの世界へ誘います。
上イラストはまんじゅさん作

最近スパムが多いので、TB、コメントは承認後に表示するようにしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

Total:
Now:

WORLD TIME

サッカーショップ加茂

サッカーショップ加茂

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。