2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EURO2008 第8日目

この日はグループDの2戦目ですね。初戦を勝ったスペインとスウェーデン、初戦を落としたロシアとギリシャの対戦になっています。

EURO2008 スイス・オーストリア‐第8日

グループD

シュタディオン・ティヴォリ・ノイ(インスブルック‐オーストリア)

スウェーデン 1  2 スペイン

 15 トーレス(スペイン)
   34 イブラヒモヴィッチ(スウェーデン)
   90+2 ヴィジャ(スペイン)

 53 マルチェナ(スペイン)
   55 スヴェンション(スウェーデン)
   



シュタディオン・ザルツブルク・ヴァルス・ズィーツェンハイム(ザルツブルク‐オーストリア)

ギリシャ 0  1 ロシア

 33 ズィリアノフ(ロシア)

 42 カラグーニス(ギリシャ)
   58 リベロプーロス(ギリシャ)
   77 サエンコ(ロシア)



スウェーデン vs スペイン
初戦を勝った同士の対戦でしたが、スペインがアディショナル・タイムのヴィジャの得点で、スウェーデンを振り切り、2連勝を飾りました。
スペインは、15分にショートコーナーから、ヴィジャ、シルヴァと繋いで上がったクロスに、トーレスが飛び込んでスペインが先制します。
しかし、この後プジョルが足を傷めて、マルチェナと交代するというアクシデントに見舞われます。すると、その10分後、右サイドエルマンデルからのクロスがイブラヒモヴィッチに入り、カバーに入ったセルヒオ・ラモスが滑り込んだところを、上手くターンしたイブラヒモヴィッチがGKカシージャスの手を弾くゴールで、スウェーデンが前半の内に同点に追いつきます。
後半開始時にスウェーデンは、イブラヒモヴィッチを下げる交代を行います。初戦でもイブラヒモヴィッチは途中で下がりましたが、このときは先制点を奪ってからでした。この試合では、まだ同点の時点ですからねえ。この交代には疑問が残りましたね。イブラヒモヴィッチの状態があまり良くないのでしょうか。
案の定、この交代を機にスウェーデンは、積極性が無くなったように思いますね。そしてスペインが勝ち越しを狙って攻め込んでいきますが、スウェーデンもGKイサクションの好守備もあって、このまま引き分け、勝点1を分け合うかと思われたアディショナル・タイムにドラマが起こります。
スウェーデンゴール前からイサクションがロングボールを蹴りだし、これをカットしたカプデヴィラが前に大きく蹴りだします。これがスウェーデンDFの間を抜けてヴィジャに渡り、ヴィジャは冷静にイサクションを抜くゴールを決めて、スペインがアディショナル・タイムに劇的な勝ち越しに成功します。
スウェーデンには反撃する時間は残されておらず、2-1でスペインが連勝を飾りました。


ギリシャ vs ロシア
初戦ともに敗れた前回王者と選手の平均年齢が一番若いロシアが挑んだ一戦でしたが、この一戦はまたドイツとオランダの智将対決でもありました。またこの対決は、前回大会でもあり、その時はロシアが2-1で勝っていました。
ギリシャ、ロシア共に先発を入れ替えて臨み、ギリシャは初戦の5バックから普通に4-3-3に変更していましたね。
試合はどちらも先制を狙って積極的に攻め合う構図で始まりましたが、怪我が心配されたパヴリュチェンコがGKニコポリディスが辛うじてセーブするなど、おおむねロシアペースの前半、30分過ぎに左サイドからクロスを入れ、GKニコポリディスはこのゴール前をけて言ったボールをキャッチに行きますが、先にロシアのセマクにオーバーヘッドで繋がれ、ズィリアノフが無人ゴールで流し、ロシアが先制に成功します。さらにロシアはパヴリュチェンコが決定的なヘディングを狙いますが、外れロシアは引き離すチャンスを逃します。この後、ギリシャは右SBセイタリディスが負傷交代するなど、アクシデントに見舞われて前半を折り返します。
後半ギリシャは、同点を狙い猛攻を仕掛けますがロシアを崩せず、逆に攻め込まれる場面もあり、87分にゴールネットを揺らした場面も、オフサイドの旗が揚がり、前回王者は1点すら取れずに連敗、グループリーグ敗退が決定してしまいました。

この2戦の結果を受け、スペインのグループリーグ首位通過が決定し、先ほどにも書きましたがギリシャの敗退が決定しました。最終戦はスウェーデンとロシアが、直接対決でグループリーグ突破を懸けることになり、既に決勝トーナメント進出が決まったスペインと敗退が決まったギリシャが戦います。
このグループもロシアとスウェーデンの直接対決、スペインのヴィジャが出てまた点を執るのかに注目が集まります。



スポンサーサイト

テーマ:EURO2008 - ジャンル:スポーツ

コメント

イブラヒモビッチの状態は良くないようです。無理はさせられないのでしょう。

スウェーデンは苦しい台所事情なんでしょうけど、少し退屈な試合になっちゃいましたね。
最後の最後でビジャにやられちゃいましたから、スウェーデンにとっては痛い1敗ですね。
ロシア戦はイブラヒモビッチ次第でしょうかね。

ギリシャは前回で優勝していただけにもうちょっと頑張ってほしかったですが、
グループも厳しいチームばかりでしたし、レーハーゲルもそろそろ限界かな?
と思いますね。もしかしたら監督交代もあり得ると思います。
スペインはプジョール、スウェーデンはズラタンと怪我人を抱えてるので
それが懸念ですね。
それと、ブログデザイン変わって驚きました!
チェルシーのロゴを使ったいいデザインになっていますね^^

>shimadaさん
いつもありがとうございます。
確かにイブラヒモヴィッチの状態は良くないようですね。無理をさせて悪化してしまうようなことがあると、スウェーデンとしたら大事ですからね。
ラーゲルベック監督も難しいかじ取りを強いられますね。


>たふたさん
いつもありがとうございます。
ホンマに、スウェーデンは、イブラヒモヴィッチを無理させられないと言う事情から、後半開始から下げてしまって、引き分けで良しと消極的になってしまったような感じでした。
最後のヴィジャの得点は、ヴィジャを褒めるべきなんでしょうけど、スウェーデンからしたら痛すぎる敗戦でしたね。
ロシア戦、イブラヒモヴィッチの出来もそうですが、やはり周りの選手がイブラヒモヴィッチを活かすか殺すか鍵を握っていると思います。


>skyさん
いつもありがとうございます。
ホンマに、ギリシャは前回王者と言うこと、その前回からメンバーがあまり変わらず熟成が進んでいると言うことで、もうちょっとやるかなと思ってたのですが、やはり他の国も強豪国ばかりで、厳しいグループに入ってしまいましたよね。監督交代はあると思いますね。
スペイン、スウェーデン共に主力選手に怪我人を抱え、それが在終戦にどう影響を与えるかは懸念材料でもありますし、楽しみな点でもあります。
ブログデザイン、フォントのサイトでチェルシーロゴのフォントを見つけたので、それを活かすようなデザインにしてみました。カラーイメージは来期のチェルシーのユニです。おほめ頂いて嬉しいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chelseablue.blog23.fc2.com/tb.php/983-162bcd0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ロシア戦に続き、ビジャがゴール!スペインが勝ち抜け~EURO2008 7日目~

EURO2008 ビジャの劇的な決勝点でスペインが連勝 スウェーデン1-2スペイン【スウェーデン】 イブラヒモビッチ(前34) 【スペイン】 フェルナン...

スペイン ビジャの決勝ゴールでスウェーデンを下し2連勝

スペイン ビジャの決勝ゴールでスウェーデンを下し2連勝

«  | HOME |  »

プロフィール

ランプス

Author:ランプス
12月26日生まれ
イングランド・チェルシーファン。
Mr.Blueことランプスが、あなたをディープ・ブルーの世界へ誘います。
上イラストはまんじゅさん作

最近スパムが多いので、TB、コメントは承認後に表示するようにしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

Total:
Now:

WORLD TIME

サッカーショップ加茂

サッカーショップ加茂

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。