2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EURO2008 第6日

グループBの第2戦目は、ちょっと意外な結果になりました。

EURO2008 スイス・オーストリア‐第6日

グループB

ヴェルターゼー・シュタディオン(クラーゲンフルト‐オーストリア)

クロアチア 2  1 ドイツ

 24 スルナ(クロアチア)
   62 オリッチ(クロアチア)
   79 ポドルスキ(ドイツ)

 27 スルナ(クロアチア)
   45+1 シムニッチ(クロアチア)
   75 バラック(ドイツ)
   90+2 レーマン(ドイツ)
   90+2 イェルコ・レコ(クロアチア)
   90+3 モドリッチ(クロアチア)

 90+2 シュバインスタイガー(ドイツ)


エルンスト・ハッベル・シュタディオン(ウィーン‐オーストリア)

オーストリア 1  1 ポーランド

 30 ゲレイロ(ポーランド)
   90+3 ヴァスティッチ(オーストリア)‐PK

 56 コルクマズ(オーストリア)
   58 ワシレフスキ(ポーランド)
   61 クジヌヴェク(ポーランド)
   72 プレドゥル(オーストリア)
   90+3 ボンク(ポーランド)



ドイツ vs クロアチア
初戦をものにした両者の対戦は、ドイツ有利の予想を裏切った形になりましたね。少なくともドイツが負けることはないか、と思ってたんですけどね。
試合開始直後は、ドイツが攻勢に見えましたが、徐々にクロアチアが押し込み、24分ゴール前のパス交換から一旦左サイドに引き、そこからクラニッチがクロス、これをドイツ左SBヤンゼンの後ろから忍び寄ったスルナが右足裏でゴールに叩き込み、クロアチアが先制します。
ドイツも早い時間に追いつくべく、ヤンゼンのクロスからゴメスのヘディング、バラックのFK、CKからメッツェルダーのヘディングなどゴールを狙いに行きますが、得点には結び突かず、逆にサイドからクラニチャルに何本か危ない場面を作られてしまいます。
結局前半はクロアチアが、1点リードしたまま折り返します。
迎えた後半、ドイツはヤンゼンに代えてオドンコールを入れ、ラームを左SB、フリッツを右SBにチェンジし、サイドからの攻撃を徹底させようとします。
後半もクロアチアのサイド攻撃に手を焼き、62分にラキティッチのクロスがポドルスキに当たってコースが変わり、ポストに当たって跳ね返ったところにいたオリッチがゴールに押し込み待望の追加点を奪います。
ドイツもゴメスを下げてシュバインスタイガーを投入します。その後79分にシュバインスタイガーが粘ったボールをラームが拾ってクロス、バラックが頭で落とし、クロアチアDFに当たってこぼれたところをポドルスキが強烈なシュートでゴールを奪い、ドイツは1点差に詰め寄ります。
さらにフリッツからクラニイへの交代を行い、同点狙いに行きますが、逆にアディショナル・タイムにファウルを受けたシュバインスタイガーがレコへの報復行為で一発レッドをくらい、ドイツは万事休してしまいました。
初戦では、精も根も尽き果てていたクロアチアでしたが、この日は試合終了まで運動量が衰えず、サイド攻撃を徹底し、ドイツから2点を奪って見事な勝利でした。
ドイツは、やはりバラックが自分の仕事をさせてもらえなかった感じで、それが影響してか、何か空回りしてた感じですね。
クロアチアのドイツ戦勝利は10年ぶりで98年W杯以来だそうで、その時は現監督のビリッチが現役やったそうです。またこのカードでは3試合連続で退場者を出すということになってしまいました。
この勝利で、クロアチアは勝点6となり、グループリーグ突破が決定。最終戦のポーランド戦で引き分け以上でトップ通過が決まります。
一方ドイツは、勝点3のまま最終戦のオーストリア戦でグループリーグ突破を懸けることになりました。ドイツとしたら、まあやり易い相手と言えるかも知れませんが、開催国でグループリーグ突破の芽が出てきたオーストリアですからねえ。決して油断はできないと思います。まあ普通にやれば負けるはずはないですけどね^^;
このグループでは、ドイツが圧倒的に優勢で、クロアチアはそれに次ぐと思ってたんですけど、ちょっと意外な結果になりましたね。


ポーランド vs オーストリア
初戦負けた国同士の対戦でしたが、どちらかと言うと、ポーランドが優勢かなと思ってましたけどね。まあポーランド側でも、オーストリア戦は勝点3計算していたと思うんですが、その思惑とか予想とかをアディショナル・タイムのPKで、全て吹き飛ばしました。
試合開始早々から、オーストリアの攻勢が続きますが、ポーランドGK日本でもおなじみセルティックに所属するボルツが当たりに当たって、オーストリアはなかなかゴールを割れません。序盤3,4点はボルツに止められてましたね。
奏功しているうちに、ポーランドがゴール前に攻め左サイドのクロスから、サガノフスキが右サイドで粘ってシュート、これはオーストリアDFとGKマホンに当たってゴール前にいたロジェール・ゲレイロの前にこぼれ、これを押し込んだゲレイロが今年4月に国籍を取得して、代表4キャップ目での初ゴールとなりました。この後もオーストリアは攻め込みますが、結局1-0のまま前半を折り返します。
迎えた後半も、オーストリア、ポーランド共にチャンスを迎えますが、ポーランドのボルツ、オーストリアのマホン共に失点は許さず、特に後半ではマホンの好セーブが光りましたね。60分過ぎに立て続けにシュートを撃たれながら、これを防いだことで、その後の劇的な幕切れの布石になりましたからね。
そして、3分のアディショナル・タイムも残りわずかとなったところで、オーストリアにFKのチャンスが訪れ、一旦は蹴り直しになりますが、この2度目のFKのときに、PA内でプレドゥルがレヴァンドフスキに倒され、PKの判定となります。
このPKを日本でもプレーした経験のあるヴァスティッチが、冷静にゴール左に決め、大会最年長ゴールとなると共に、オーストリアが息を吹き返すゴールとなりました。
このオーストリアの劇的な幕切れで、クロアチアの勝ち抜けが決まりました。オーストリアは最終戦にドイツとの直接対決で、グループリーグ突破を懸けることになりました。まあ、普通に考えれば、ドイツの勝利は揺ぎ無いんでしょうが、この劇的なゴールがオーストリアに勢いとか、何か勇気みたいなものを与えたとしたら、ドイツにとっても簡単なことではないと思います。
このグループも最終戦は楽しめそうですね。
スポンサーサイト

テーマ:EURO2008 - ジャンル:スポーツ

コメント

いや~意外な結果になりましたね。
問題なくドイツが勝利すると思ってたので驚きです。。
クロアチアの徹底した戦い方が勝利につながりましたね。

クロアチアが予想以上の出来でした。ドイツは空回りしていた感じでしたね。

ヤンゼンのとこが穴か。

>銀杏さん
いつもありがとうございます。
まあクロアチアは良くて引き分けかなと思ってたんですけどね。意外な結果になりました。
まあクロアチアはサイドからの攻撃を徹底していましたよね。やはり慣れた戦術で戦うのが良いんでしょうね。


>shimadaさん
いつもありがとうございます。
クロアチア、良かったですね。まあドイツが空回りしていたせいもあるかとは思いますが・・・
ちょっとこの試合では、ヤンゼンが穴になってしまいましたね。

こんばんわ。
ドイツは攻撃が全く機能してませんでしたね。
確かにクロアチアがよかったのもありますけど、それを差し引いても不甲斐なかったですね。

クローゼどうしたんでしょうかね~。絶不調ですよね。

>たふたさん
いつもありがとうございます。
ドイツ、どうしちゃんたんですかね。攻撃陣が全く空回りしていましたよね。
クロアチアも良かったですけど、ドイツの自滅っぽい感じでしたよね。

クローゼに限らず、ゴメスもまだ無得点ですし、ポドルスキ一本ではやはりキツイですよね。

ちょっと、というか大いに意外な結果になりました~><。
バラックもパスの出し所を探してる内に、かっさらわれましたしね。
ドイツらしい、気持ちのいいパスってのも続かなかったくらい、クロアチアのプレッシャーは効果的でした!
とにかく次、ドイツには本来のドイツに戻ってもらって^^;ポルトガル戦に備えて欲しいです!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chelseablue.blog23.fc2.com/tb.php/978-d4d0b2bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【オリッチ】についてサーチエンジンで検索してみると

オリッチ に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし…

優勝候補ドイツ、クロアチアに敗れる波乱 ドイツ対クロアチア~EURO2008 6日目~

EURO2008 クロアチア2-1ドイツ  クラーゲンフルト - ベルターゼー クロアチアがドイツに2-1で勝利   【クロアチア】 スルナ(前23) オリ...

クロアチア ドイツを破り2連勝

クロアチア ドイツを破り2連勝

台風の目に

スイス・オーストリアEUROグループB第2戦 クロアチア2-1ドイツ オーストリア1-1ポーランド 優勝候補ドイツを伏兵クロアチアが破る! まさかの展開と言えるでしょうねぇ。 でもクロアチアはイングランドを倒しての出場であるし、考えられた結果とも言えるか。...

«  | HOME |  »

プロフィール

ランプス

Author:ランプス
12月26日生まれ
イングランド・チェルシーファン。
Mr.Blueことランプスが、あなたをディープ・ブルーの世界へ誘います。
上イラストはまんじゅさん作

最近スパムが多いので、TB、コメントは承認後に表示するようにしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

Total:
Now:

WORLD TIME

サッカーショップ加茂

サッカーショップ加茂

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。