2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嗚呼・・・

チェルシー、惜しくもPK戦で敗れて、初戴冠はなりませんでした><

UCL‐決勝
スタディオン・ルジニキ(モスクワ‐ロシア)

マンチェスター・ユナイテッド 11 チェルシー
               PK戦  
   
 26 Cロナルド
   45 ランパード

PK戦 マンU    ○○×○○○○
     チェルシー ○○○○×○×

 21 マケレレ(チェルシー)
   22 スコールズ(マンU)
   43 ファーディナンド(マンU)
   45+2 カルヴァーリョ(チェルシー)
 ex21 ヴィディッチ(マンU)
 ex26 バラック(チェルシー)
 ex26 テヴェス(マンU)
 ex28 エッシェン(チェルシー)
 
 ex26 ドログバ(チェルシー)

いやあ、あと一人決めてればねえ・・・勝ってたんですけどね・・・仕方無いですね。
悔しいですけど、今季のチェルシーはマンUの引き立て役になっちゃいましたね。

マンUの先発 GK:ファン・デル・サール、DF:ブラウン、ヴィディッチ、ファーディナンド(C)、エヴラ、MF:ハーグリーヴス、キャリック、スコールズ、Cロナルド、FW:テヴェス、ルーニー 4-4-2
サブ:クシュチャク、アンデルソン、ギグス、ナニ、オシェイ、フレッチャー、シルヴェストル

チェルシーの先発 GK:ツェフ、DF:エッシェン、カルヴァーリョ、JT(C)、Aコール、MF:バラック、マケレレ、ランパード、FW:Jコール、ドログバ、マルーダ 4-3-3
サブ:クディチーニ、シェヴァ、ミケル、カルー、アレックス、ベレッチ、アネルカ

前日練習でマケレレと接触し、右足首を負傷したAコールが先発で、ブリッジはベンチにも入りませんでした。またプレミア最終節で肘を脱臼したJT、ニューカッスル戦で腰を傷めたカルヴァーリョが揃って先発に名を連ね、やはりこの両名の名前があると安心できます。ただ、マルーダの起用にはちょっと、?でした。マルーダはスパーサブ的に使った方が活きると思うんですけど、グラントのお気に入りなんですね。

試合は、前半はほぼ、マンUペースの試合でした。前半26分の先制点もスローインから、ブラウンに中央へ入り込まれ上げられたクロスに、Cロナルドが頭で合わせたものでした。Cロナルドにはエッシェンが付いていたんですが、このときはちょっと放してしまいましたね。
それでもチェルシーは、ランパードのクロスをドログバが頭で落とし、それにバラックが詰めていくなど、反撃のチャンスをうかがいます。しかし、その直後にロングパスからCロナルドにクロスを上げられ、テヴェス、キャリックと立て続けにシュートを撃たれるなど、ツェフの体を張った守備が無ければ、前半の時点で敗色濃厚になるところでした。
しかしそれでも、チェルシーはエッシェンのシュートがこぼれたところをランパードが詰め、滑り易いピッチに滑って出遅れたファン・デル・サールを抜くゴールを決め、前半の内に同点に追いつきます。

後半は、双方ともにチャンスがありましたが、ともにものに出来ず、試合は延長戦になります。後半押し気味に試合を進めていたチェルシーでしたが、数多く撃ったシュートも、枠を捉えられなければ仕方ありません><
迎えた延長前半では、JTがあわやと言うシーンでシュートをクリアしますが、このとき足をつったみたいですね。これが、あとのPK戦の布石みたいになってしまいましたね。
そして、延長後半テヴェスとJTがもめて、その際にヴィディッチに手を出したドログバが一発退場になってしまいます。残り時間も僅かだったとは言え、この退場劇も痛かったですね。何か試合を通じて、主審の判定がチェルシーには厳しかったように思います。

結局延長でも決着がつかず、試合はPK戦に委ねられます。
PK戦では、3人目のCロナルドのシュートをツェフがセーブした時に、ヨシッ!って思いましたけどね。5人目、これを決めれば初優勝が、と言うところで出てきたJTが足を滑らしてしまい、シュートがポストに当たって外れてしまいます。その後、7人目のアネルカが誘われるように、ファン・デル・サールの出した手の方へシュートを撃って万事休してしまいました。

試合は結局、PK戦のジンクスを破れなかったんですが、それまでに勝ち越すチャンスはあったんですよね。ポスト、バーに当たるシュートが2本、これが内っ側に跳ね返ってればねえ・・・
あと18本ものシュートを放ちながら、15本が枠外ですからね。
またこの試合では、Jコールが良い形でボールを持つシーンが少なかったですね。前半にはほとんど無かったと思います。後半でも中々良い形が作れませんでしたから、延長9分での交代も仕方無かったでしょう。ただ、代わりに出てきたのがアネルカってのもねえ、プレミアではチェルシーに移籍してから、結局1点どまりでしたっけ。シェヴァの方が良かったんじゃないかと思います。

表彰式の最中に、スタッフに抱えられながら下がっていくJTの後ろ姿が悲しかったですね。見ていて涙が出てきました。チェルシー・プラスのハイライトで見ても泣けてきます。

ともあれ、今季の全日程は終わりました。シーズン序盤にモウリーニョ退団でゴタゴタしながら、プレミアで勝点差2の2位、UCLでも3度目の正直でやっと、準決勝とリヴァポと言う2つの壁を破っての準優勝には、チェルシーの底力を見た思いです。ホンマ、正直、モウリーニョ退団の報を聞いた時には、もう今シーズンは終わった、と思いましたから。

グラントに監督が代って、当初はどうなる事やらと思って見てましたが、どうにかこうにか「普通の人」が、結果を残してたんですけど、この大事な一戦を前に「この試合に勝ったら私を「スペシャル・ワン」と呼んでほしい。」と言ったとか言わなかったとか・・・><
やはりこの人は、大一番を任せられるような器量が無かったということでしょうね。

とにかく、PK戦で足を滑らせて、塞ぎ込むJTの姿を私は忘れないでしょう。あと、スタッフに抱えられながら下がる姿も。これからもチェルシー・ファンであり続けることを誓わずにはいられませんでした。
チェルシーの選手には、 「ここまでよくやってくれた!! 感動をありがとう!!」と言う言葉しかないですね。PKを外したJT、アネルカにしても、彼らがいなければ、この場に立ち会えなかった(まあTVで、ですけど^^;)と思いますからね。

最後になりましたが、マンUの関係者のかた、ファンのみなさん、おめでとうございます。
スポンサーサイト

テーマ:チェルシー - ジャンル:スポーツ

コメント

勝負事は最後までわかりませんね。
ロナウドのPK失敗で「もらった」と思ったのは僕だけじゃないと思いますから。
そしてテリーが外すのも・・・。

ランプスさんが書いているようにモウリーニョの退団で今シーズンは「もう終わった」と諦めていたのが嘘のようにこの決勝で熱くなってましたから選手たちには感謝ですね。

敗者は記憶に残らないと言われてますが、この試合は勝者より敗者のほうが記憶に残りそうだと思うのはチェルシーファンの思い込みでしょうかね。

J・コールの大ファンです。決勝ではなかなかボールが回ってこなくて残念でした。でもロナルドと同じサイドということもあり献身的なディフェンスが目立っていました。それにしても納得のいかない判定に対する抗議は誰よりもあつかったですね^^

こんばんは。

負けてかなり悔しいですし、この残酷な幕切れはかなり尾を引きますよね・・・。テリーの姿に泣きそうでしたが、心底ビッグイヤーを彼に獲らせてあげたかったです。バラックもレバークーゼン時代にCL決勝で負けてるので、バラックの心境も気になります。

FWの補強は急務でしょうね。シェバ、アネルカ、ピサーロなんて出場機会、得点とともに少なかったですし・・・。頼みのドログバがいてくれればいいんですけど、残念ながらそんな雰囲気はないですしね・・・。

あまり言いたくないですが、今季はマンUの引き立て役になってしまいましたね。
来季は主役になれるよう頑張って欲しいものです。
とりあえず、頑張った選手達には感謝ですね。

非常に悔しいですが、
モウリーリョ監督が退団したのにもかかわらず、
よくここまで頑張ってくれましたね。
オフになる選手はゆっくり休んでもらいたいです。

あとちょっとだったんですけどね・・・
でもチェルシーの選手達には今季も色々楽しませてくれてありがとうと言いたい

来年こそ!!

こんばんは

 JTの泣き崩れている姿をみていたら仕事にいくのもむなしくなってしまいました。行きましたけど...
 選手たちはここまでよく頑張ったと感謝の気持ちでいっぱいです。来季に向けていっぱい休んでください。ありがとうと言いたいです。

 来季こそJTが大耳杯を掲げる姿を眼にしたい!!

アネルカはボルトンの活躍をチェルシーでは魅せられませんでしたね。

チェルシーは最初から最後まで波乱万丈のシーズンでした。

>たふたさん
いつもありがとうございます。
勝負は下駄を履くまでわからないと言いますが、ホンマ分らないですよね。ロナルドのPKをツェフが止めた時には、「これでいけるッ!」と思いましたけど、最後のこれを決めたらって言うJTのがポストに当たって外れるなんてねえ。
選手達には感謝しかないですよね。モウリーニョ退団時点で、「もう今季は終わった」と思ったファンは私たちだけじゃないはずですから。
この試合、敗者の方が記憶に残るでしょう。チェルシーファンの思い込みじゃなく、真剣にそう思います。


>来年も決勝で さん
初めまして。コメントありがとうございます。
Jコールは、この試合、なかなかボールが良い形で回ってこず、それがチェルシーにとっては誤算になりましたね。
それでも熱く気持ちの入った姿には、感動させられましたね。


>skyさん
いつもありがとうございます。
ホンマ、残酷で後を引く負け方ですねえ。今でも正直悔しいですし、マンUが喜ぶ姿は見たくありませんね。
テリーの姿には、涙が出、彼にビッグイヤーを取らせてあげたいと思ったファンは、かなりいると思います。
バラックもそうですし、Aコールも決勝で敗れてるんですよね。この決勝に帰するものがあった選手の気持ちは、察して余りあるものがありますね。
来季に向けて、FW陣の再編は急務でしょう。ドログバの退団が濃厚とされる今、ピサーロなんかは整理の対象になるでしょうし、アネルカもチェルシーではあまり出場機会に恵まれてませんでしたからね。軸になるFWの獲得が必要になるでしょうね。


>あやっくすさん
いつもありがとうございます。
ホンマ、言いたくはないですけど、マンUの引き立て役、ヒールになっちゃいましたね。
来季こそは、チェルシーが主役になるように頑張ってほしいものですが、選手には感謝の気持ちを表したいと思います。
このオフの間に、EUROがありますが、しっかり休養できるようにして欲しいですね。


>銀杏さん
いつもありがとうございます。
ホンマ、モウリーニョ退団の時点では、予想もつかなかった決勝進出で、選手は良く頑張ってくれましたよね。
選手には感謝しかないですし、オフになる選手には休養を、EUROに出場する選手には、怪我のないようにして欲しいですね。


>ヴィンセントさん
いつもありがとうございます。
ホンマ、後ちょっとやったんですけどね。もうホンの少しのところで、掴みかけてたものが逃げちゃいましたね><
でも選手にはホンマ、ありがとうと言う言葉しかないですね。


>vagabondさん
いつもありがとうございます。
ホンマにねえ、JTの姿には、何度見ても泣かされますね。私もむなしい気持ちを抱えながら、出社しましたが、仕事にはあまり集中できませんでしたね。
選手には、よくぞここまで頑張ってくれたという感謝の気持ちでいっぱいですね。来季に向けては、EUROに出場する選手もいますが、しっかり休養をとって、リフレッシュして欲しいですよね。
来季こそ、JTがビッグイヤーを掲げる姿をみたいですよね!


>shimadaさん
いつもありがとうございます。
アネルカも、チェルシーに加入すぐは、やってくれるだろうと思ってましたが、ボルトンの時ほどの活躍は終ぞなかったですよね。
今季のチェルシーは、モウリーニョ退団からけが人続出と、そしてUCL決勝進出と、ホンマ波瀾万丈のシーズンでしたね。

はじめまして
2年ほど前からチェルシーファンの者です

テリーの姿を思い出すと今でも泣きそうになります
今シーズンの成績はすべてテリーのおかげだと思うので、すごく感謝してるし、テリーを批判する人は許せません

ドログバも09年までの契約は全うするといったみたいですし、ランパードも契約交渉を再開するみたいなので、来季も同じメンバーで出来ることを期待しています

ぜひ僕のブログにも遊びに来てください

>yuusukeさん
初めまして。コメントありがとうございます。
ホンマ、テリーのあの姿を見るたびに、胸に熱いものがこみ上げてきますよね。テリーがここまで、どれだけチェルシーの為に戦った来たかを知っている人は、感謝こそすれ、批判する人はいないと信じています。
ドログバ、ランパードについては、移籍云々が噂されていますが、残留してくれるなら、これほど嬉しいことはありませんよね。ぜひとも残ってもらって、同じメンバーでもう一度ビッグイヤーに挑戦して、今度こそ勝ち獲ってもらいたいものです。

また遊びに行かせていただきます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chelseablue.blog23.fc2.com/tb.php/959-bec52913
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

欧州CL決勝 マンチェスター・ユナイテッド対チェルシー~チェルシー、ユナイテッドに敗れる~

欧州CL決勝(モスクワ・ルジニキシュタディオン) マンチェスター・ユナイテッド1-1チェルシー 【マンチェスター・ユナイテッド】 クリ...

マンチェスター・ユナイテッド 3度目の欧州チャンピオンズリーグ制覇

マンチェスター・ユナイテッド 3度目の欧州チャンピオンズリーグ制覇

CL決勝 マンチェスターUvsチェルシー

■CL決勝 マンチェスターU 1-1 チェルシー(PK6-5)ロナウド(前半26分)         ランパード(前半45分)本当に惜しい試合だった、試合を押し気味に進めてたのはチェルシーだし、得点のチャンスは何度もあったのに決められなかった今季の、マンUは攻撃だけじ...

«  | HOME |  »

プロフィール

ランプス

Author:ランプス
12月26日生まれ
イングランド・チェルシーファン。
Mr.Blueことランプスが、あなたをディープ・ブルーの世界へ誘います。
上イラストはまんじゅさん作

最近スパムが多いので、TB、コメントは承認後に表示するようにしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

Total:
Now:

WORLD TIME

サッカーショップ加茂

サッカーショップ加茂

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。