2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UCLリヴァポ戦後のコメント集

延長にまでもつれこんだUCL準決勝2nd legを制し、悲願のファイナル進出を果たしたチェルシーですが、その試合後のコメントが入りました。

uefa.comより まずは、勝ったアヴラム・グラント監督から。

就任1年目にさまざまな困難を乗り越え、クラブ史上初の快挙を達成することができた。チームは一丸となり、何事にも前向きな姿勢で取り組んできた。決勝進出を決めたことだけでなく、そこに至るまでの戦い方にも大きな意味がある。クラブ関係者全員に感謝の言葉を述べたい。素晴らしい仕事をしてくれたスタッフを誇りに思う。
リバプールはとても良いチームだ。今回の対戦で、我々が過去の準決勝で3度敗退した理由が分かった。今季はバベルやトーレス、ベナユンなど優秀な選手を加え、これまで以上に手強いチームだった。それから、ベニテス監督は素晴らしい監督だ。戦術に精通しているため、彼との戦術的な戦いは困難を極めた。彼らはよく組織され、とても頭脳的だったので、我々は常に油断できなかった。そんな強敵を相手に勝てたことを誇りに思う。我々はクラブの新たな歴史を作った。そしてチャンピオンへの戦いはまだまだ続く。
モスクワでイングランド勢同士が対決するのは不思議な感じがするが、何はともあれ素晴らしい決勝になるだろう。我々は数多くの試合をこなしてきたが、大事な試合ほど、良い結果を得てきた。私は過去に敬意を払うが、現在と未来のために戦う。我々はしかるべき時期に良いサッカーができており、また心身共に充実している。延長戦を含め、8日間で3試合を戦うのは容易ではなかった。その上、リバプールは(先週の)土曜日に多くの主力選手を温存していたのだ。だが我々のスタッフはとても良い仕事をしてくれた。もう一度、彼らに感謝したい。


一方負けたラファ・ベニテス監督のコメントは以下の通りです。

延長に入っても我々は、体力的にも精神的にも強靭なままで、何度か決定機を作った。しかし、追加点を許したことで苦しい状況に追い込まれ、3点目でとどめを刺されてしまった。同点に追いついた時はとても嬉しかったし、決勝に進出する自信もあった。しかし敗れた今、我々は今後のことを考えるしかない。私は(チームを)誇りに思う。我々は最後まで全力を尽くし、得点した時は勝ち上がる可能性もあった。
0-0や1-1になった場合について考えていたので、攻め続ける必要があり、実際に攻撃もできていた。1-0のリードで第2戦を迎えていたら、状況は大きく違っていたと思う。相手は良いチームで、前半は特に質の高いプレーをしていた。もう試合は終わってしまったので、結果を変えることはできない。決勝には実力のある2チームが勝ち上がった。我々は努力を続けなければならないし、残り2試合でも勝利を狙う。チームを強化し、来季は優勝にもっと近づきたい。
トーレスは太もも裏を痛めていた。私たちは話し合い、彼は体調が万全ではないと言ったので、やむなく交代させた。シュクルテルの負傷退場も痛かったが、ヒーピアはよくやってくれたと思う。交代枠はあと一つ残っていたので、後半や延長戦で選手交代が必要になったとしても、さして問題ではなかった。


また、試合前にベニテス監督から、ダイバー呼ばわりされながら、2得点で見返す働きを見せたディディエ・ドログバのコメントもあります。

「最高だ。5年…僕はここでみんなの前に立ってきた。そして彼らは戦い、決勝に導いてくれた。僕たちが今日やったことは、クラブのため、ファンのため、そしてチェルシーでプレーしたすべての選手のために素晴らしい。」
「ベニテスは素晴らしい指揮官だ。世界も最高レベルの1人だと思う。だから、何かを言うのは難しいし、少し残念でもある」
「たぶん、彼はこれまでのシーズンよりも自分のチームが強くないと感じたんじゃないか。自分たちが負けかもしれないと考えていたんだと思う」
「僕はいま、自分のチームのために幸せを感じている。人の発言に気を配るつもりはない。」


このドログバの活躍については、守護神ペトル・ツェフも、「最高の形で答えを出した。ゴールを決めて、最高のパフォーマンスを見せた。」と絶賛しています。


ともかく、クラブ史上初、悲願のファイナル進出を果たした訳ですが、まだまだこれからです。プレミアでもあと残り2試合をしっかり連勝で終え、5月21日のファイナルでは、マンUを降して欧州制覇、ビッグイヤーを掲げるJTの姿を見たいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:チェルシー - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chelseablue.blog23.fc2.com/tb.php/936-d9b1a6f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ランプス

Author:ランプス
12月26日生まれ
イングランド・チェルシーファン。
Mr.Blueことランプスが、あなたをディープ・ブルーの世界へ誘います。
上イラストはまんじゅさん作

最近スパムが多いので、TB、コメントは承認後に表示するようにしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

Total:
Now:

WORLD TIME

サッカーショップ加茂

サッカーショップ加茂

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。