2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セレッソ、引き分けはさんで連勝

29日に、J2第10節があり、セレッソはニンジニア・スタジアムで、愛媛FCと対戦、4-1でスコア上は快勝でしたが、監督は不満の残る内容だったようです。

J2‐第10節
ニンジニア・スタジアム(松山‐愛媛)

愛媛FC 14 セレッソ大阪

 20 横山拓也(愛媛)
   24 小松塁(セレッソ)
   27 アレー(セレッソ)
   33 ジェルマーノ(セレッソ)
   89 香川真司(セレッソ)

 11 柳沢将之(セレッソ)
   16 丹羽竜平(セレッソ)
   36 横山拓也(愛媛)



                    by セレッソ大阪公式HP セレッソの先発は、GK:山本浩正、DF:柳沢将之、前田和哉、江添建次郎、丹羽竜平、MF:アレー、羽田憲司、ジェルマーノ、香川真司、FW:小松塁、白谷建人でした。
試合はまず前半、20分に右クロスから先制されてしまいます。何かこういうパターン多いように思いますね。それでもセレッソは、ジェルマーノの突破から小松が2試合連続のゴールを決めて同点、さらに、香川から白谷と繋いで、最後はアレーが愛媛DFをかわしてゴールし、逆転に成功します。さらに33分にまたしても香川が左サイドゴールライン際からクロスを上げると、これをジェルマーノが決めて3-1とし、ほぼゲームが決まります。
ハーフタイムに、監督は「後半はもっと集中して点を獲りに行け。これで満足するな。」と選手を送り出したらしいのですが、両チームともにミスが多くなり、セレッソは決定機は作るものの、最後の詰めのところで精度を欠き、結局89分の香川のゴールまで、試合が動かなくなります。結局、4-1とスコア上は快勝だったものの、後半の流れからすると、6,7点は取れていたゲームでした。

監督は試合後のコメントで、
「4点獲って勝ったのですが、後半は非常に不満の残る試合でした。あれだけのチャンスを作りながら、後半44分にやっと1点を獲った。選手の意識が低いのかもしれません。もっと得点に結び付けなければならなかったと思います。
また、パスミスも多く得失点差を考えれば、点を獲らなければならなかったと思います。
3ボランチにしたことによって、ディフェンスは安定しました。これからも続けていきたいと考えます。」
と、この試合における内容(特に後半の)の悪さに言及し、試合後、緊急ミーティングを開き、試合会場を出る選手の足取りは、負け試合の時のように重かったそうです。

こういう大勝したゲームで、課題が見つかり、まだセレッソはこれからのチームってことなんでしょう。課題を克服できたとき、セレッソがJ1昇格は果たせるようになるんでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ:セレッソ大阪 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chelseablue.blog23.fc2.com/tb.php/934-3354afa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ランプス

Author:ランプス
12月26日生まれ
イングランド・チェルシーファン。
Mr.Blueことランプスが、あなたをディープ・ブルーの世界へ誘います。
上イラストはまんじゅさん作

最近スパムが多いので、TB、コメントは承認後に表示するようにしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

Total:
Now:

WORLD TIME

サッカーショップ加茂

サッカーショップ加茂

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。