2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンU戦後、コメント集

久しぶりに気魄のこもったプレーを見せ、マンUに対して会心の勝利を挙げたチェルシーですが、選手、監督の試合後のコメントが入りました。

Goal.comより まずは、キャプテンJTから。

「私たちは勝つ必要があった。私の予定では、この試合での勝利は絶対に必要だった。バリー(バラック)が素晴らしいゴールを2つ決めた。そしてチームは勝利を飾った。」
「ディディエ(ドログバ)がハーフウェーライン付近でフリーキックを得た。もっと長く間をおくべきだったけど、私たちはリスタートを急いでしまった。あれはやってはいけなかった。」
「この試合で、みんなは私たちが何を求めているのかをわかったと思う。私たちはユナイテッドからプレミアシップを奪いたいんだ。」
「今日の試合はこちらが有利だった。私たちは長い間、ホームで負けていないからだ。『チェルシーはユナイテッドやアーセナルのようにプレーできない』と言われてきたけど、自分たちの時代がくることをみんなに証明できたと思う。」

この日も、持ち前のキャプテンシーで、チェルシーを引っ張ったJT。残り4試合もしっかりチームを引っ張っていってほしいものです。


続いては、2得点を挙げ、この日の勝利の立役者になったミヒャエル・バラックです。

「この勝利はフランクと彼の家族に捧げる。私たちは決して忘れない。誰にとってもつらい時間だろう。彼の家族にとっては特にね。私たちはみんな、彼と家族のことを思っている。」
(ドログバともめたFKについて)「いいポジションでのフリーキックだった。私はやれると思った。でも、ディディエも譲らなかった。彼のフリーキックは素晴らしかったが、そのあとに私はゴールを決められたからOKだ。」
「試合が終われば問題はない。試合中は誰もが勝利を求めているんだ。これは大きな白星だ。だから、そんなことは問題じゃないんだ。」
「(PKの重圧は)大した問題じゃなかった。私はプレッシャーに対処することができる。このようなプレッシャーが掛かるということは、いい位置にいるってことだろう。そして、私たちにはそういった状況を利用できる選手がたくさんいるんだ。」

次のUCLリヴァポ戦でもランパードの欠場が濃厚とされており、バラックの経験、冷静沈着さが活きてくることになるでしょう。


最後に、この日も首をひねるような采配を見せながら、最後には勝ってしまう運(悪運?)の強さも持っているアヴラム・グラント監督です。

「ユナイテッドとのゲームを制し、彼らにプレッシャーをかけることができたと思っている。私たちは勝つ必要があった。しかし、私たちのベストプレイヤー(カルバーリョ)がミスを犯してしまった。それでも、結局は勝利を掴んだ。」
「私は、私たちがしていることを誇りに思っている。特に今年の成果にはだ。偉大な勇敢さと多くのキャラクターを見ることができた。私たちは今日、いいサッカーを展開した。」
「ファン・デル・サールのパフォーマンスは良かった。私たちは2点を奪っている。これ以上いわなくてもいいだろう。私たちはしなければならないことをやり遂げた。シーズン終了時に私たちがハッピーであることを期待している。」

しかし勝点で並んだものの、まだ得失点差では大きく水をあけられているため、逆転優勝には、マンUの取りこぼしが必要です。

「私はそれを信じなければならない。サッカーに関わる以上、信じることは必要だ。」

また、木曜日にお母さんが亡くなって、この日の試合を欠場したランパードについて、

「フットボールはとてもエキサイティングなものだが、それよりも大切なものがある。私は彼の行動に敬意を払う。」と述べて、ランパードの決断を尊重する発言をしています。

まあ、チェルシーにはタイトルを獲ってもらいたいものの、グラントが来季も監督をするのには反対なので、ちょっと複雑です。まあ運はこちらについているみたいなので、あとは選手の頑張り次第でしょうか。













スポンサーサイト

テーマ:チェルシー - ジャンル:スポーツ

コメント

バラックGJ!

こんばんは。

 バラック、シェバ移籍話の時は「どっちもいらねー」と思ったものでしたが、バラックは元々のポテンシャルの高さとカリスマ性を発揮し出して今や中盤に欠かせない存在となりました。 あの場面であのPKの迫力は感動すらおぼえました。

 今や2冠奪取のモチベーションは我がチェルシーにありますので残り試合全力で戦い抜いてくれることでしょう。すべてを信じて...

>vagabondさん
いつもありがとうございます。
確かにバラック、シェヴァの移籍話があった際には、「いらんなあ」と思ってましたけど、ここにきてバラックの存在感は大きくなってますね。
ドイツ代表でもキャプテンを張るだけに、カリスマ性も申し分ありませんしね。
ホンマ、今チェルシーには運も向いてますし、残り試合しっかり戦って2冠奪取してくれそうな勢いですね。おっしゃる通り全てを信じましょう。

たしかに!

たしかに!まれはすばらしい戦いでしたね!!あれほどのプレイはありません!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chelseablue.blog23.fc2.com/tb.php/930-92866c15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ランプス

Author:ランプス
12月26日生まれ
イングランド・チェルシーファン。
Mr.Blueことランプスが、あなたをディープ・ブルーの世界へ誘います。
上イラストはまんじゅさん作

最近スパムが多いので、TB、コメントは承認後に表示するようにしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

Total:
Now:

WORLD TIME

サッカーショップ加茂

サッカーショップ加茂

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。