2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームで逆転を!

トルコ・イスタンブールでUCL準々決勝1st legが行われ、チェルシーはフェネルバフチェのオウン・ゴールで先制したものの、後半に逆転を許し、先勝されてしまいました。

UCL準々決勝1st leg
シュクリュ・サラチオール・スタジアム(イスタンブール‐トルコ)

フェネルバフチェ 21 チェルシー

 13 デイヴィッジ‐O.G(フェネルバフチェ)
   64 カジム・リチャーズ(フェネルバフチェ) 
   80 デイヴィッジ(フェネルバフチェ)

 
チェルシーは、敗れはしたものの、貴重なアウェーゴールもあり、2nd legでの逆転は十分可能です。
先発は、GK:クディチーニ、DF:エッシェン、カルバーリョ、JT、Aコール、MF:バラック、マケレレ、ランパード、FW:Jコール、ドログバ、マルーダの4-3-3でした。週末のボロ戦には体調不良で欠場したランパードが戦列に復帰し、マルーダが敗れたFAカップ準々決勝バーンズリー戦以来の出場となっています。
試合開始早々は、フェネルバフチェが出足の速さで、試合を支配するかと思われましたが、10分過ぎから、チェルシーがボールを持てるようになり、13分にペナルティ・エリア深くまで侵入したマルーダの折り返しを、フェネルバフチェのデイヴィッジがオウン・ゴール。チェルシーが敵地で先制します。
その後もチェルシーは、18分のエッシェンのミドル、23分のエッシェンのクロスの飛び込んだドログバ、30分、バラックの縦パスを受けたドログバ、44分のバラックに縦パスに飛び出し、GKと1対1になったドログバと、再三フェネルバフチェ・ゴールを脅かしますが、結局オウン・ゴールによる1点のリードのまま、前半を折り返します。前半終了間際に、ドログバが足を負傷したようで、歩いてるシーンがあり、後半の出場はどうかと思っていたんですが、そのまま出場してくれました。

後半に入って、当初は一進一退の攻防が続いていました。50分に左サイドを抉られ、クロスにちょっとヒヤッとするシーンもありましたが、全体的にはチェルシーペースで試合が進んでいました。カルバーリョ先生のDFとも思えない攻め上がり、マルーダからのパスを受けたドログバのシュートなどもありましたしね。フェネルバフチェがボールを持てるようになった54分、フェネルバフチェが先に動きます。
チェルシーもセカンド・ボールは悉く拾い、シュートまでは行くんですが、GKにキャッチされたりして、追加点を奪えない間に、63分にミドルを撃たれ、さらには、途中交代で入ったカジム・リチャーズにハーフライン付近からのパスに抜け出され、同点ゴールを叩き込まれます。この1点で、スタジアムの雰囲気が一気に変わったような気がしますね。
チェルシーはこの後、病み上がりでやはりいま一つ調子が良くなかったランパードに代えて、ミケルを投入します。フェネルバフチェにも攻め込まれる時間が増え、80分にデイヴィッジの敵ながら鮮やかなミドルが決まって、ついに勝ち越しを許してしまいました。クディチーニもセーブに飛んでいましたが、わずかに届きませんでしたね。
その後チェルシーもJコールに代えてアネルカを投入しますが、結局微妙なズレを解消できないまま、試合が終了し、チェルシーはアウェーで先制しながら、敗れてしまいました。
今季UCLでは初の黒星で、2点取られたのも今季初ということです。

この試合では、ジーコ采配が冴えましたね。前半は完全なチェルシーペースで試合が進み、フェネルバフチェは枠内シュートすら無かったんですが、後半見事にチームを立て直してきました。選手交代で流れをつかみましたしね。
一方チェルシーは、前半は良かったものの、先制点の後、圧倒的にチャンスがありながらモノに出来ずに、後半ひっくり返されてしまいました。ランパードが病み上がりと言うこともあり、今一つ調子が上がらず仕舞いで、Jコールは良かったものの、ドログバ、マルーダとの息が微妙にずれてました。
クロスは上がるものの、DFに当ててしまったりで、良い形でドログバに入ることが後半無くなってしまいました。何か同点にされてからは、相手に飲まれてしまった感じです。前半右サイドで相手を崩しまくってたJコール、エッシェンも後半は全く試合の中で「消えて」しまいました。
チェルシーとしては、絶対の強さを誇るホーム、スタンフォード・ブリッジでの勝利が、準決勝進出への絶対条件となりました。チャンスは絶対あると思うので、そのチャンスを確実に活かして、逆転を果たしてもらいたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:チェルシー - ジャンル:スポーツ

コメント

こんばんわ。
心配性な僕はかなりへこんでます。

セビージャの二の舞にならない事を祈りたいです。

ホームで引分けでも敗退決定というのが辛いところですね?
ホームでは相手につけ入る隙を与えず、しっかり勝利して欲しいものです。

2点目をとれていればまた違っていたでしょうね。オウンゴールの一点だけでは駄目ですね。

>たふたさん
いつもありがとうございます。
確かにかなりへこむ内容でしたもんね。ホームで盛り返し、逆転で準決勝進出してもらいたと思います。ホンマ、セヴィージャの二の舞だけは避けなければいけませんね。


>あやっくすさん
いつもありがとうございます。
ホームで勝利が絶対条件ですよね。アウェーで引き分けでも(最低限)良かったのに、余計な1点獲られてしまいましたからね。
スタンフォード・ブリッジでは、しっかり戦って、ジーコの鼻をへし折ってもらいたいですね。


>shimadaさん
いつもありがとうございます。
ホンマ、2点目が早々に取れていれば、こんな結果にはならなかったと思います。オウン・ゴールの1点だけですからねえ。やはり1点だけでは苦しいですよね。

こんばんは
負けちゃいましたね
でもオリンピアコス戦の再現で3-0ぐらいで勝ってくれると信じてます
でもいくらホームとはいえフェネルバフチェを無失点に抑えられる気がしないんだよなぁ~・・・

>ヴィンセントさん
いつもありがとうございます。
まあホームでは無敵の強さを誇ってますからねえ。オリンピアコス戦の再現で、フェネルバフチェを完封して欲しいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chelseablue.blog23.fc2.com/tb.php/902-d6de827f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2007~2008 CL準々決勝1stレグ(4月2日)

2007~2008 CL準々決勝1stレグ(4月2日)

欧州CL準々決ベスト8の1戦目

欧州CL準々決勝の1戦目4試合が行われ2戦目の楽しみだ 2.ローマ対マンUはローマのホームで2対0と言う結果になり マンUが貴重なアウェーゴール2点で勝利して2戦目は有利だ 3.シャケル対バルセロナはシャケルのホームで1対0となって バルセロナが貴...

監督ばんざい&欧州CL準々決1戦目&予想通り3タテ

監督ばんざいは先週にケーブルのチャンネルでして鑑賞したけど 全体的に面白い感じの作品だったけど次回作が早く見たいと思ったね 内容は色々な種類の作品を撮っては失敗を繰り返して行く感じだったけど 特に屋&道場の所は凄く面白かったし10点満点で8.3点だね...

«  | HOME |  »

プロフィール

ランプス

Author:ランプス
12月26日生まれ
イングランド・チェルシーファン。
Mr.Blueことランプスが、あなたをディープ・ブルーの世界へ誘います。
上イラストはまんじゅさん作

最近スパムが多いので、TB、コメントは承認後に表示するようにしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

Total:
Now:

WORLD TIME

サッカーショップ加茂

サッカーショップ加茂

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。