2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の移籍市場解禁、チェルシーはどう動く?

1月1日より、移籍市場が再開しています。昨季はこの時期、ツェフ、JTの負傷離脱があったにも拘わらず、補強らしい補強が無く、結局穴を埋めきれずに3連覇を逃した遠因になってしまいました。今季のチェルシーはどう動くんでしょうか。 今季開始前の補強でも、マルダ以外に大金をつぎ込んで獲得した選手がいませんでしたし、この冬もそんな感じかと思ってたんですよ。しかし、今季も昨季に引き続いて、ツェフ、JTの守備の看板、さらに攻撃陣でもドログバ、ランパード、シェヴァと主要メンバーにけが人がいますからね。しかも、マケレレ、クディチーニとバックアッップメンバーにまで、離脱者が出ている現状では、補強はぜひとも必要です。しかも、2月にはUCLが再開するにも拘らず、アフリカ・ネションズ・カップで、アフリカ籍選手(ドログバ、カルー、エッシェン、ミケル)が抜けるようですしね。
この冬の補強に関しては、グラント監督が、「2か月くらいの為でなく、その後ずっと活躍する選手を獲得したい。」との意向を発表しています。

チェルシーの補強候補として、名前の挙がったのは、ニコラ・アネルカ(ボルトン)、ディミタール・ベルバトフ(スパーズ)、ロナウジーニョ(バルサ)ら、錚々たる顔ぶれです。
また、ロコモティフ・モスクワの2選手も、Goal.comの移籍情報に名前が挙がってましたね。
既に獲得が内定している選手では、ディサントというFWと合意に達したとの報道がありました。

逆に、放出される、もしくは退団の話があるのは、シェヴァ(ミランへの復帰・MLSへの移籍)、ドログバ(イタリア、スペインへの移籍)などです。ドログバについては、移籍志望がかなり大きく報道されてます。

チェルシーとしては、戦力を落とさないようにして、補強を進めたいところでしょうが、先方のクラブの事情もあり、一筋縄ではいかないでしょうね。それでも、現状より順位を向上させるための補強をしっかりやってほしいと思います。

   
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chelseablue.blog23.fc2.com/tb.php/792-596d02dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ランプス

Author:ランプス
12月26日生まれ
イングランド・チェルシーファン。
Mr.Blueことランプスが、あなたをディープ・ブルーの世界へ誘います。
上イラストはまんじゅさん作

最近スパムが多いので、TB、コメントは承認後に表示するようにしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

Total:
Now:

WORLD TIME

サッカーショップ加茂

サッカーショップ加茂

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。