2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UCL16強決まる‐グループA~グループC

UCLチェルシー戦のあった11日と翌12日、決勝トーナメントへ進出する16クラブが決まる戦いが、欧州各地で繰り広げられました。
クラブW杯の日程の都合で、先に行われたグループDを除く、他のグループの戦いぶりを見ていきます。
グループDについては、コチラから

グループA

スタッド・ド・ヴェロドローム(マルセイユ‐フランス)
マルセイユ 0-4 リヴァプール

 4 ジェラード(リヴァプール)
11 Fトーレス(リヴァプール)
48 カイト(リヴァプール)
90+1 バベル(リヴァプール)


エスタディオ・ド・ドラゴン(ポルト‐ポルトガル)
ポルト 2-0 ベシクタシュ

44 ルチョ・ゴンサレス(ポルト)
62 クァレスマ(ポルト)


グループA順位表
ポルト 勝点11 グループリーグ突破決定
リヴァポ 勝点10 グループリーグ突破決定

マルセイユ 勝点7 UEFAカップへ
ベシクタシュ 勝点6 グループリーグ敗退決定

このグループでは、首位ポルトに次いで、リヴァポが驚異の粘り腰を見せ、マルセイユを最終節の直接対決でかわして、グループリーグ突破を決めました。マルセイユはアンフィールドでリヴァポに完勝するなど、グループリーグ突破まで勝点1だったんですが、残念ながらUEFAカップへ回ることになりました。ポルトはホームで余裕の戦いを見せ、ベシクタシュを降して首位での決勝トーナメント進出です。ベシクタシュは、勝てばUEFAカップへ行けたんですが、アウェーでポルト戦では、それも儚い夢でしたね。まあこのグループは下馬評通りの結果になったと言えるでしょう。


グループB

スタンフォード・ブリッジ(ロンドン‐イングランド)
チェルシー 0-0 バレンシア


アレナ・アウフシャルケ(ゲルゼンキルヘン‐ドイツ)
シャルケ04 3-1 ローゼンボリ

12 アサモア(シャルケ)
19 ラフィーニャ(シャルケ)
23 コネ(ローゼンボリ)
36 クラニイ(シャルケ)


グループB順位表
チェルシー 勝点12 グループリーグ突破決定済
シャルケ 勝点8 グループリーグ突破決定
ローゼンボリ 勝点7 UEFAカップへ
バレンシア 勝点6 グループリーグ敗退決定

このグループでは、チェルシーがやはり何のかんの言うても、首位で決勝トーナメント進出を決めています。最終節のバレンシア戦でも、シェヴァ、ランパードを途中で下げるなどしても、公式戦ホーム50試合無敗の記録を打ち立てています。振り返れば、ホームでのグループリーグ初戦で引き分け、その後のモウリーニョ退団につながった苦い経験から始まったんですよねえ。プレミアではもたつきもありましたが、UCLでは、試合間隔が開くことも手伝って、アウェー・メスタージャでのバレンシア戦に勝ったのが大きかったと思います。逆にバレンシアは、その試合から調子を落とし、結局最下位で欧州カップ戦の舞台から去ることになりました。
もう一方の試合では、ホームのシャルケがローゼンボリに快勝して、初の決勝トーナメント進出になりました。敗れたローゼンボリは、初戦でチェルシーに引き分けたことで、自信をつけたのか、最終節まで決勝トーナメント進出出来るポジションにいたのですが、最後シャルケにかわされてしまいました。
このグループは、下馬評ではチェルシーとバレンシアが決勝トーナメントに進出すると見られていたと思いますが、バレンシアの失速と、ダントツ最下位予想のローゼンボリの健闘により、予想が覆されました。


グループC

サンチャゴ・ベルナベウ(マドリード‐スペイン)
レアル・マドリー 3-1 ラツィオ

13 バプチスタ(Rマドリー)
15 ラウール(Rマドリー)
36 ロビーニョ(Rマドリー)
80 パンデフ(ラツィオ)


ヨルギオス・カライスカキス・スタジアム(アテネ‐ギリシャ)
オリンピアコス 3-0 ヴェルダー・ブレーメン

12 ストルティディス(オリンピアコス)
70 コバチェヴィッチ(オリンピアコス)
74 ストルティディス(オリンピアコス)


グループC順位表
Rマドリー 勝点11 決勝トーナメント進出決定
オリンピアコス 勝点11 決勝トーナメント進出決定

ブレーメン 勝点6 UEFAカップへ
ラツィオ 勝点5 グループリーグ敗退

このグループでは、Rマドリーが、下馬評通り決勝トーナメントに進出しました。最終節に勝てば首位での通過が決まるRマドリーは、ラツィオに対し、序盤で先制点を奪うと、ラツィオの反撃を終盤での1点に抑え、首位でグループリーグ突破を決めました。もう一方の試合では、ホームオリンピアコスが、ブレーメンに快勝、Rマドリーに次ぐ2位での決勝トーナメント進出を決めています。敗れたブレーメンは、UEFAカップに回ることになりました。
このグループは、Rマドリーが頭一つ抜けた印象なんですが、以外に接戦になりましたね。オリンピアコスの健闘と、ブレーメンが以外にもたついた感じでしょうか。

ともあれ、11日の段階では、既に決勝トーナメント進出を決めていたチェルシー、ミラン、セルティック、バルセロナ、マンチェスター・U、ローマ、インテル・ミラノ、セビージャ、アーセナルに次いで、ポルト、リヴァポ、シャルケ、Rマドリー、オリンピアコスが決勝トーナメントへの進出が決まりました。12日分については、また後日に記事にします。
スポンサーサイト

テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chelseablue.blog23.fc2.com/tb.php/766-abf4c1da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ランプス

Author:ランプス
12月26日生まれ
イングランド・チェルシーファン。
Mr.Blueことランプスが、あなたをディープ・ブルーの世界へ誘います。
上イラストはまんじゅさん作

最近スパムが多いので、TB、コメントは承認後に表示するようにしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

Total:
Now:

WORLD TIME

サッカーショップ加茂

サッカーショップ加茂

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。