2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェルシー雨中の接戦を制す

チェルシー、激しい雨の中、終始試合を支配し続け、エヴァートン戦以降3連続完封勝ちを収めました。

プレミアリーグ・ゲームウィーク16
スタンフォード・ブリッジ(ロンドン‐イングランド)
チェルシー 2-0 サンダーランド

23 シェヴァ(チェルシー)
74 ランパード‐PK(チェルシー)
この試合で、チェルシーの先発は、GK:クディチーニ、DF:ベレッチ、アレックス、JT、Aコール、MF:SWP、ミケル、ランパード、FW:カルー、シェヴァ、Jコールの4-3-3、JSPORTSの放送では、ミケル、ランパードの2センターにSWPがトップ下と言う4-2-3-1の形で紹介されてましたね。ドログバはやはり膝の負傷が手術を必要とするほどの重症らしく、ベンチメンバーからも外れ、ツェフは復帰の噂もあったらしいのですが、この試合ではイラーリオが控えGKとして入っています。
試合は序盤からチェルシーペースで進み、5分過ぎにはJコールのCKからカルーがほぼ完璧なヘッドで合わせますが、惜しくもゴールバーに当たり、その後のシュートも阻止されます。
その後もSWPが巧みにエリア内に侵入したりしますが、ゴールには至りません。カルーは今日も”惜しかった”かと思い始めたところで、ベレッチのサイドチェンジのロングパスから、カルーがエリア内に侵入、DFを抜き切らずにクロスを上げると、ファーでフリーになっていたシェヴァが態勢を崩しかけながらヘッドで合わせ、チェルシーが先制点を奪います。
その後、33分にサンダーランドのジョーンズにクディチーニが楽に捕れるシュートを撃たれますが、サンダーランドの前半のシュートはそれ1本だけでした。
後半に入って、若干サンダーランドに攻められ、ボールを繫がれる場面もありましたが、チェルシーは早い出足と巧なボール奪取でピンチの芽を軽いうちに摘み取り、攻めに転じては、サイドを幾度となく駆け上がりますが、チェルシーは追加点を奪うに至りません。
しかし、74分に、ランパードのFKに合わせようとしたアレックスが倒され、PKのチャンスを得ます。これをランパードが落ち着いて決め、チェルシー移籍後の98ゴール目となります。
チェルシーはこの後、先にカルーと交代していたピサロに続き、Jコールに代えてシドウェルを投入、さらにサンダーランドのミラーがピサロに対するファウルで退場となり、数的有利になったことと、残り時間が少なかったことからチェルシーはロスタイム3分になっても追加点を狙い、2-0で3連続完封勝利を収めました。
この試合では、不調を伝えられていたシェヴァとランパードの二人に得点が記録されました。しかし、シェヴァについては、今日解説の川勝さん指摘の通り、何か難しくプレーしようとしているのか、良かったのは得点シーンの体勢が崩れかけた状態でのヘッディングくらいで、あとはボールが足につかなかったりで、完全復活にはまだ遠い感じですかねえ。ランパードもPKは決めましたが、FKがゴールを捉える事がありませんでした。まあこの試合が復活のきっかけになれば良いですがね。守備面では、サンダーランドが特に前半攻めてくる場面がほとんどなく、後半には攻められることがあっても、崩される場面はありませんでしたね。

今節マンUは勝ったものの、リヴァポがアウェーのマジェスキ・スタジアムでレディングに敗れ、足踏みを余儀なくされました。1試合少ない眼下のライバルが負けたことで、勝点差が4に広がり、実質的にも3位が確定しています。
次節は16日に4強が相対します。チェルシー‐アーセナルがエミレーツ・スタジアムで、リヴァポ‐マンUがアンフィールドです。このウィーク17の戦いが、今季のプレミアのキーポイントになると思います。エッシェンはあと1試合出場停止、ドログバは手術を受けるのかどうかで、試合どころではないでしょう。厳しい戦いが予想されますが、しっかり勝点を獲って欲しいと思います
スポンサーサイト

テーマ:イングランド・プレミアリーグ - ジャンル:スポーツ

コメント

シェヴァは、ゴール以外はパッとしませんでしたね。ランパードはどうなんでしょうね。

いつもありがとうございます。
確かにシェヴァはゴールシーン以外は出来が良くない感じでしたね。パスミスもありましたし、トラップで奪われる場面もありましたしね。
何か難しいプレーを選択して、自分で自分を追い込んでる感じでしたね。
ランパードは、最後のところで決めきれてない感じですからね。今までなら決めてたであろう所で決められない感じでした。一時伝えられた不調から脱却しつつあるとは思いますが、まだ完全復活て感じではないと思います。

弾丸ミドルが決まるのを、そろそろ見たくなってきましたっ!
待ち構えられてる所にサイドからクロスか、つないでつないで最後引っかかったりカットされるのが続いて、これだけ力差があってポゼッションが高くてもシュート数が少ないんですよね。
ランパード自体はそんな不調と思わないんですけど、ゴール数とかで判断されてるんでしょうかね~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chelseablue.blog23.fc2.com/tb.php/759-f0b1d4e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ランプス

Author:ランプス
12月26日生まれ
イングランド・チェルシーファン。
Mr.Blueことランプスが、あなたをディープ・ブルーの世界へ誘います。
上イラストはまんじゅさん作

最近スパムが多いので、TB、コメントは承認後に表示するようにしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

Total:
Now:

WORLD TIME

サッカーショップ加茂

サッカーショップ加茂

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。