2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームで痛い引き分け

 26日のボクシング・デイに行われたプレミアシップの試合で、チェルシーFCはレディングFCと引き分けました。  チェルシーはキック・オフ直後から攻勢をかけ、37分にディディエ・ドログバがフランク・ランパードのCKをヘッドで合わせてゴール。1点を先制します。前半はそのまま終了し、迎えた後半、57分にあんどりー・シェフチェンコに代えて、ショーン・ライト‐フィリップスを入れますが、66分にレディングに同点に追いつかれてしまいます。  しかし、チェルシーはライト‐フィリップスのクロスから、ドログバがこの日2点目となるヘディングを叩き込み、再度リードを奪います。このまま終了するかと思われた84分にドラマが待っていました。ミカエル・エッシェンが相手のクロスをクリアしきれず、オウン・ゴールとなってしまったのです。この後、ミヒャエル・バラックがイエロー・カードをもらい、アストン・ヴィラ戦への出場停止となるオマケまで付いて、試合は終了。ホーム、スタンフォード・ブリッジで痛い引き分けとなりました。  首位マンチェスター・ユナイテッドはホームで、ウィガン・アスレティックを3-1で一蹴、これで、勝点差は4と広がってしまいました。まあまだ残り試合もあるので、十分追いつける範囲内ではありますが、ホームで連勝を伸ばせなかったのはちょっと痛いですね。
スポンサーサイト

コメント

あ~、やっちゃいましたね。まあ、レディングもひじょうにいい内容だったと思いますが、ん~、残念です。
はやくチェフやテリーに復帰してほしいですよね。彼らが帰ってくるとだいぶ守備力もあがると思うのですが。

いやあホンマにやっちゃいましたねえ。
最近どうも試合内容が良くないですね。
守護神チェフやキャプテン・テリーの不在の影響がもろに出た試合となってしましました。
まあまだ勝点差は4ですから、十分追いつける範囲内ではありますが・・・
ホンマに早くチェフやテリーに復帰してもらいたいものです。 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chelseablue.blog23.fc2.com/tb.php/731-fe97cf59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レディングに沈められる

 首位マンチェスター・ユナイテッドがウィガンに快勝した一方、勝点2差で追っていたチェルシーはレディング戦でまさかのドロー。 ホームでレディングと対戦したチェルシーは、FWディディエ・ドログバの2ゴールで2??

«  | HOME |  »

プロフィール

ランプス

Author:ランプス
12月26日生まれ
イングランド・チェルシーファン。
Mr.Blueことランプスが、あなたをディープ・ブルーの世界へ誘います。
上イラストはまんじゅさん作

最近スパムが多いので、TB、コメントは承認後に表示するようにしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

Total:
Now:

WORLD TIME

サッカーショップ加茂

サッカーショップ加茂

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。