2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UCLグループリーグ第5節28日分結果

28日にはUCLグループリーグ第5節のグループAからグループDの8試合が行われ、チェルシー、ミランがグループリーグ突破を決めています。
UCLグループリーグ第5節

グループA
イノニュ・スタジアム(トルコ・イスタンブール)
ベシクタシュ 2-1 マルセイユ

27 テジョ(ベシクタシュ)
65 タイウォ(マルセイユ)
88 ボボ(ベシクタシュ)


アンフィールド・ロード(イングランド・リヴァプール)
リヴァポ 4-1 ポルト

19 トーレス(リヴァポ)
33 リサンドロ(ポルト)
78 トーレス(リヴァポ)
84 ジェラード‐PK(リヴァポ)
87 クラウチ(リヴァポ)

グループA順位表
ポルト 勝点8
マルセイユ 勝点7
リヴァポ 勝点7
ベシクタシュ 勝点6

このグループでは、下位クラブがホームで意地を見せ、首位ポルトから最下位ベシクタシュまでの勝点差が2と縮まりました。グループ内の4クラブ全てにグループリーグ突破の可能性があり、最終節に全てを懸けることになりました。リヴァポもここにきて、調子を取り戻しつつあります。ここは最終節で勝ったクラブがグループリーグ突破と言うことになりますね。イングランドサッカーのファンとしては、リヴァポに勝って欲しいところですが、マルセイユも好きなクラブではあるので、難しいですね。もう一方はポルトがホームにベシクタシュを迎えます。ポルトのホームと言うことで、ポルトのグループリーグ突破の可能性は高いです。


グループB
レルケンダル・スタジアム(ノルウェー・トロンハイム)
ローゼンボリ 0-4 チェルシー

 8 ドログバ(チェルシー)
20 ドログバ(チェルシー)
40 アレックス(チェルシー)
73 Jコール(チェルシー)



メスタージャ・スタジアム(スペイン・バレンシア)
バレンシア 0-0 シャルケ04

グループB順位表
チェルシー 勝点11 グループリーグ突破決定
ローゼンボリ 勝点7
シャルケ04 勝点5
バレンシア 勝点4 グループリーグ敗退決定

このグループでは、既に書いている通り、チェルシーがグループ首位でのグループリーグ突破を決めました。一方で、今節ホームで勝てなかったバレンシアがまさかのグループリーグ敗退決定です。チェルシーは今節前のプレミアでの対ダービー戦で、お粗末な内容のゲーム運びを見せていたのですが、それが今節に備えてのものだったのか、一転内容的にも申し分のない試合展開で、ローゼンボリを一蹴、ホームで引き分けた借りを返すとともに、グループ首位で、決勝トーナメント進出を果たしました。2位ローゼンボリと3位シャルケは、最終節で直接対決となりますので、勝った方がグループリーグ突破を決めることになります。最終節はシャルケのホームになりますから、シャルケとしては、逆転でのグループリーグ突破に自信を持っていることでしょう。
一方前評判では、チェルシーに次いでグループリーグ突破の候補と目されていたバレンシアは、まさかのグループリーグ敗退です。グループリーグ第2節、ホームでのチェルシー戦に敗れたのが、歯車を狂わすきっかけになった感じですね。選手個々の能力はローゼンボリより上なんでしょうが、一度狂った歯車を元に戻すことが出来ないまま、ここまで来てしまったようです。


グループC
ヴェーゼルシュタディオン(ドイツ・ブレーメン)
ヴェルダー・ブレーメン 3-2 Rマドリー

 5 ロゼンベリ(ブレーメン)
14 ロビーニョ(Rマドリー)
40 サノゴ(ブレーメン)
58 フント(ブレーメン)
71 ファン・ニステルローイ(Rマドリー)


スタディオ・オリンピコ(イタリア・ローマ)
ラツィオ 1-2 オリンピアコス

30 パンデフ(ラツィオ)
35 ガジェッティ(オリンピアコス)
64 コバチェヴィッチ(オリンピアコス)

グループC順位表
Rマドリー 勝点8
オリンピアコス 勝点8
ブレーメン 勝点6
ラツィオ 勝点5

このグループでも、首位Rマドリーが負け、2位オリンピアコスが勝ったため、同勝点で並びました。Rマドリーは勝点1すなわち今節引き分け以上でグループリーグ突破が決まるはずだったのですが、ブレーメンの意地の前に敢え無く敗れ、グループリーグ突破決定には至りませんでした。勝ったブレーメンは、最終節アウェーでのオリンピアコス戦に勝てば、グループリーグ突破が決まります。Rマドリーはホームでのラツィオ戦ですね。オリンピアコスは、最終節に引き分け以上でグループリーグ突破が決まります。最下位ラツィオは、アウェーでのRマドリー戦で、勝たない限りグループリーグ敗退となります。数字上は4チームともにグループリーグ突破のチャンスがあるので、最終節はそれぞれ白熱したものになるでしょうね。


グループD
ルス・スタジアム(ポルトガル・リスボン)
ベンフィカ 1-1 ACミラン

15 ピルロ(ミラン)
20 マクシ・ペレイラ(ベンフィカ)


セルティック・パーク(スコットランド・グラスゴー)
セルティック 2-1 シャフタール・ドネツク

 4 ブランドン(シャフタール)
45 ヤロシク(セルティック)
90+2 ドナーティ(セルティック)

グループD順位表
ミラン 勝点11 グループリーグ突破決定
セルティック 勝点9
シャフタール 勝点6
ベンフィカ 勝点4 グループリーグ敗退決定

このグループでは、ACミランのグループリーグ突破とベンフィカのグループリーグ敗退が決定しました。ベンフィカは今節試合終了時点ではグループリーグ突破の可能性もあったのですが、セルティックがシャフタールに劇的な逆転勝利を収めたため、グループリーグ敗退が決定しました。最終節では、ミランがセルティックをホームに迎え、ベンフィカはアウェーでシャフタールと戦います。このグループだけは、12月4日に最終節が行われます。ミランvsセルティック戦が引き分けの場合、ミランの首位通過とセルティックのグループリーグ突破が決定します。シャフタールはホームで勝った上で、セルティックの大敗がグループリーグ突破の条件になりますから、かなり厳しいでしょう。シャフタールとベンフィカの勝った方が、UEFAカップ出場権を獲得することになるので、そちらを懸けた戦いになるでしょうね。


今節グループリーグ突破の懸かった9クラブの内、最初のチャンスをものにしたのは、チェルシー、ミラン、バルサ、ローマ、インテル、セヴィージャの6クラブでした。すでにグループリーグ突破を決めていたマンU、アーセナルに次いで、これで8クラブと決勝トーナメントの16の椅子の内、ちょうど半分が埋まりました。最終節は、グループリーグ突破を懸けた戦い、UEFAカップ出場権を懸けた戦いが行われます。日程的には、先ほども書いたとおり、グループDだけが12月4日に最終節を行い、他のグループは12月11日、12日の両日行われます。
来月も熱い戦いが繰り広げられることになりますね。
スポンサーサイト

テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chelseablue.blog23.fc2.com/tb.php/659-077ae390
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ランプス

Author:ランプス
12月26日生まれ
イングランド・チェルシーファン。
Mr.Blueことランプスが、あなたをディープ・ブルーの世界へ誘います。
上イラストはまんじゅさん作

最近スパムが多いので、TB、コメントは承認後に表示するようにしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

Total:
Now:

WORLD TIME

サッカーショップ加茂

サッカーショップ加茂

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。