2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イングランドを託せるのは誰か?

先日EURO予選敗退を受けて、マクラーレン監督を解任したイングランドでは、次の代表監督が誰になるのか、いろいろ取り沙汰されているようです。
報道されている候補としては、前チェルシー監督のジョゼ・モウリーニョ、イングランドの元エース、アラン・シアラー、ロシア代表監督のフース・ヒディンクと言ったところでしょうか。
まず、モウリーニョは、代表クラスの経験はないものの、クラブレベルでの実績はピカ一でしょう。ポルトでUCL制覇を成し遂げ、今年9月まで指揮を執ったチェルシーでは50年ぶりのリーグ制覇や連覇、カップ戦など幾多のタイトルを掲げてきましたからね。人心掌握術にも長け、心酔している選手も多々います。問題点としては、自らを「スペシャル・ワン」と呼び、メディア、上層部との諍いも辞さないプライドの高さでしょうか。イングランド代表監督ともなれば、theFA、メディアが一挙手一投足に注目し、注文を付けてきますからね。
シアラーは、イングランド代表はイングランド人の監督が指揮を執るべきという考えからですかね。監督としては勿論、コーチとしてもその手腕は未知数です。ただ、イングランド代表の英雄であることに変わりはなく、その点でチームを掌握できる可能性はありますね。
ヒディンクについては、代表レベル、クラブレベルの双方で幾多の実績を積み重ねてきた人物であることに間違いはありません。オランダ代表、韓国代表でW杯4強に入りオーストラリア代表でも決勝トーナメントに進出、PSVやRマドリーで指揮を執っており、その手腕には定評のあるところです。ただ、ヒディンクの場合、ロシア協会との兼ね合いもあるので、ロシア協会との契約が切れる必要があるでしょう。
私個人の意見としては、やはり、モウリーニョ・イングランドを見てみたいですね。当初、ポルトガル代表以外に代表監督は興味がないとか言っていたにも拘らず、最近になって「すべての可能性を否定しない」と、発言も若干変わってきてますからね。また、サー・アレックス・ファーガソンやサー・ボビー・チャールトンなども推薦してるみたいですしね。モウリーニョ監督で、アシスタントコーチにシアラーってのがベストのような気がしています。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

ヒディングも悪くないはないですけど、イングランドを予選敗退に追い込んだ張本人ですからね。そこら辺がどうかなと思います。

いつもありがとうございます。
確かにヒディンクは悪くない選択ではありますよね。ただ仰る通り、イングランドを予選敗退に追い込んだ”張本人”ですもんね。
イングランドはそういう人物に監督を任せるほど器量が広いでしょうかね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chelseablue.blog23.fc2.com/tb.php/657-0d5879d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ランプス

Author:ランプス
12月26日生まれ
イングランド・チェルシーファン。
Mr.Blueことランプスが、あなたをディープ・ブルーの世界へ誘います。
上イラストはまんじゅさん作

最近スパムが多いので、TB、コメントは承認後に表示するようにしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

Total:
Now:

WORLD TIME

サッカーショップ加茂

サッカーショップ加茂

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。