2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先生残留、ドログバは?

モウリーニョ退団で、その去就が注目されていたリカルド・カルバーリョ先生が、チェルシー残留を明言したとの事です。 LOoi[.gif クリックお願いします!

モウリーニョのチェルシー監督就任に伴って、ポルトから引き抜かれた先生は、1月か夏の移籍市場での移籍が囁かれていました。まあ言うなれば、モウリーニョ・チルドレン的選手ですからね。 しかしまあ、残留してくれるというのは、ファンとしても心強い限りです。なんせ、先生が負傷によってチームから離脱した途端に、チームの調子が下降線を辿りましたからね。やはり、ベン・ハイムやアレックスでは、先生とJTとのコンビの安定感には到底及ばない事を痛感させられましたからね。 最近ポルトガル代表にも復帰しましたし、先生の調子がチームの調子を左右する感じで、なくてはならない1ピースですからね。 「現在、僕はチェルシーを去ろうとは思っていない。チェルシーの選手たちはすべてを受け入れている。僕はチームが今シーズンを成功で終われると確信しているんだ。」「モウリーニョが出ていったのは過去のことさ。いまを生きることが重要なのさ。」 まあともあれ、モウリーニョに連れてこられた先生がチェルシー残留を明言したことで、他の選手にも良い影響があると良いですね。 しかし、この選手には、また別の意味で、移籍の噂が耐えません。その選手とは、昨季の得点王ドログバです。 ドログバもまた、モウリーニョ退団による影響を強く受けた選手の一人です。しかし、そのことが原因と言う訳でもなさそうです。欧州のビッグクラブが、ドログバに強い興味を示しているようなのです。

ドログバの代理人が、次のようなコメントを出しています。 「ドログバは多くの関心を集める選手だ。彼の状況について話がしたいということで、ヨーロッパのクラブのいくつからか連絡をもらった。キーとなる問題は、ダメージを受けたチェルシーでディディ(ドログバ)がどのようにプレーするかだ。彼自身もチェルシーも、信頼を回復するために多くのゴールを挙げなければいけない。」 ファンとしては、ぜひとも残留して欲しい選手の一人です。アフリカ・ネーションズカップ期間はチームを離れますが、それまでに復調してゴールを量産する姿を見せてもらいたいものです。 LOoi[.gif クリック宜しくお願いします!!

スポンサーサイト

コメント

カルバーリョは、とりあいず今シーズンは残留しそうですね。その先はわかりませんけど。

今晩は。いつもありがとうございます。
そうですね。とりあえずこの冬での移籍は無いでしょう。まあ、来年夏は分からないですけどね(苦笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chelseablue.blog23.fc2.com/tb.php/58-24ab9db8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ランプス

Author:ランプス
12月26日生まれ
イングランド・チェルシーファン。
Mr.Blueことランプスが、あなたをディープ・ブルーの世界へ誘います。
上イラストはまんじゅさん作

最近スパムが多いので、TB、コメントは承認後に表示するようにしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

Total:
Now:

WORLD TIME

サッカーショップ加茂

サッカーショップ加茂

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。