2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トーニ、バイエルン移籍へ

イタリア代表FWフィオレンティーナのルカ・トーニが、バイエルン・ミュンヘンへ移籍する事が正式に決まったようです。 関連記事:uefa.com      Goal.com バイエルンは今季ブンデスリーガで4位に終わったことで、来季のUCL出場権はありません。 だから、トーニが移籍するかどうか、ちょっと微妙かなと思ってたのですが、イタリアの他のクラブ、例えばインテルなどではなく、ドイツの巨人に決めましたね。 まあ、バイエルンもUCL出場権こそ逃しましたが、名門クラブであることに変わりは無いですし、良い移籍とは言えるんじゃないでしょうか。 バイエルン側も、来季はトーニを中心にチームを立て直していくってことですね。前々から移籍の噂はありましたが、今回移籍が決まったことで、第2弾の獲得劇があるかもしれません。 その他にも、移籍が決まった選手がいます。 マンUが、ポルトのアンデルソンと、スポルディング・リスボンのナニを獲得しています。チェルシーのカルー獲得の時もそうでしたが、ビッグクラブには労働ビザの問題とか無いんでしょうかね。 エルナン・クレスポのインテル残留も決まっています。これは残念な方のニュースですが、クレスポ本人は残留したがっていたので、本人の希望通りとなったみたいですね。 ポーツマスも補強に力を入れています。 先に、アイスランド代表DFヘルマン・フレイダルソン、フランス人CBシルバン・ディスタンを獲得していましたが、更に、ウディネーゼからガーナ代表のスリー・ムンタリを獲得しています。ウディネーゼは、ムンタリのほか、FWイアクィンタも移籍のようで、チーム再建は難しそうですね。 チェルシーも、オフシーズンに入って早々にシドウェルを獲得しましたが、ライバルチームも補強に力を入れてますし、オフシーズンの補強を進めていく必要はあるでしょう。 また、交渉が難航しているといわれるランパードとJTの契約更新問題も、早々にまとめて後顧の憂いの無いようにして欲しいところです。
スポンサーサイト

コメント

トニは、フィオレンティーナに気を使って、イタリアの他のクラブには移籍しなかったようですね。

お早うございます。コメントありがとうございます。
どうも、そんな感じですね。フィオレンティーナの会長だったか偉い人が、「良い移籍だった」とか言うてますからね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chelseablue.blog23.fc2.com/tb.php/419-66efb45d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ランプス

Author:ランプス
12月26日生まれ
イングランド・チェルシーファン。
Mr.Blueことランプスが、あなたをディープ・ブルーの世界へ誘います。
上イラストはまんじゅさん作

最近スパムが多いので、TB、コメントは承認後に表示するようにしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

Total:
Now:

WORLD TIME

サッカーショップ加茂

サッカーショップ加茂

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。