2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州サッカー状況

イングランド・プレミアシップでは既に全日程が終了し、チェルシーは3連覇ならず、惜しくも2位になってしまいました。他の各国でもリーグ戦が終了したり、大詰めを迎えたりしています。 まずはイングランド・プレミアシップから。 既に全日程を終了していますが、おさらいの意味を込めて振り返ります。 優勝は赤い悪魔なチームです。2位には我らがチェルシーが入りました。満身創痍のチーム状況での2位は立派の一言です秊 UCL出場権のある3,4位にはそれぞれリヴァポとアーセナルが入りました。 下位では、シェフィールド・ユナイテッド、チャールトン・アスレティック、ワトフォードが降格となりました。シェフィールドとワトフォードは1年での降格です。やはりプレミア定住は難しいんでしょうか。 一方チャンピオンシップでは、上位3チームに、サンダーランド、バーミンガム、ダービーが入り、来季はこの3チームに従来からの17チームでリーグを戦うことになります。 ついで、スペイン・リーガエスパニョーラ・プリメーラディヴィシオンです。 ここは残り3試合で、首位はレアル・マドリー、同勝点の2位にバルサがつけています。勝点差2の3位にはセビージャが、同4の4位にはバレンシアがつけています。この4チームの優勝争いですね。バレンシアはちょっと苦しいですが、まだ後3試合あるので、上位3チーム次第ではまだ分かりません。 下位では、既に最下位タラゴナの降格が決定しています。残り2つの降格圏は現時点では18位がレアル・ソシエダ、19位がセルタ・デ・ヴィーゴとなっていますが、15位ベティス、16位レヴァンテ、17位アスレティック・ビルバオも降格圏から勝点4の範囲内におり、まだまだ予断を許しません。 一方、リーガエスパニョーラ・セクンダディヴィシオンでは、レアル・バジャドリード、アルメリア、ムルシアが残り1試合の状況で、上位3位に入っており、この3チームの昇格でほぼ間違いないでしょう。レアル・バジャドリードは、かつて城彰二がプレーしたクラブです。 続いて、イタリア・セリエAです。 ここは既に優勝がインテル’ミラノに決定しています。ライバルチームがほぼローマ1チームと言う状況ではありましたが、リーグの最多連勝記録を更新するなど、他チームより抜きん出た実力を遺憾なく発揮しての優勝です。2位にはローマが入っています。3位にはラツィオ、4位にはACミランの勝点減のペナルティを受けたチームが入り、UCLへの出場権を手中に収めましたね。 下位では、最下位アスコリと19位メッシーナが降格決定です。残り1試合で、最後の降格チームが何処になるのか、現状18位はシエナですが、14位キエーボ・ヴェローナ、15位パルマ、16位カターニア、17位レッジーナまで、勝点2の中にいますので、最終節は激しい争いが見られそうです。この最終節の結果いかんによっては、日本人選手のいるチームが2チーム(既に降格決定小笠原のメッシーナ、森本のカターニア)も降格と言うこともありえます。 一方、セリエBでは、残り1試合の状況で、ユベントスが来季の昇格を決定、1年でのセリエA復帰となりました。以下ジェノア、ナポリの順になっており、この3チームの昇格で間違いないでしょう。ジェノアはかつてキング・カズのいたクラブ,ナポリはマラドーナが活躍したクラブです。特にナポリは、マラドーナ退団後、凋落の一途を辿り、遂には破産するとこまで行きましたが、来季の昇格を勝ち取るところまで復活してきました。 来季のセリエAは、ライバルチームが揃って、インテルの真価が問われる事になりますね 続いて、ドイツ・ブンデスリーガです。 ここは、イングランド同様、既にリーグ戦全日程が終了しています。 優勝はシュツットガルトが最終節の逆転勝利で首位を確保、2位には勝点2差でシャルケ04が入りました。シャルケは途中まで首位を走ってたんですけどね、残念な結果に終わりました。3位にはヴェルダー・ブレーメンが入りました。バイエルン・ミュンヘンは4位に終わり、来季のUCL出場権を逃してしまいましたね。 下位では、16位マインツ05、17位アレマニア・アーヘン、18位ボルシア・メルヘングラッド・バッハが降格となりました。ボルシアMGは優勝経験もあるチームなんですけど、残念ながら降格です。 一方、2部ツヴァイテリーガでは、カールスルーエが優勝を決めており、更にハンザ・ロストック、デュイスブルクが昇格を決めています。 来季はバイエルンがUCL出場権を逃した事がどう影響するか見物です。既にハーグリーブスの退団が決定したようですし、チームの再建が急務です。 続きましては、オランダ・エールディヴィジです。 ここもリーグ戦の日程が終了し、現在UCLの出場権をかけたプレーオフの真っ最中です。 リーグ優勝は、PSVアイントホーフェンでした。最終節での大勝で、同勝点で並んだ2位のアヤックス・アムステルダムを得失点差1点だけ上回り、リーグ3連覇を果たしました。3位にはAZアルクマール、4位にトゥヴェンテが入り、この4チームによるプレーオフが行われています。決勝第1戦がAZがアヤックスを降し、1先勝しています 下位では、ADOデン・ハーグの降格が決定しています。16位エクセルシオール・ロッテルダムと17位ワールワイクは、残留をかけた2部上位とのプレーオフです。 2部では、デ・フラースハップスと言うクラブが優勝を果たし、来季の昇格を決めたようですが、その他の事は分かりませんでした。 まだまだ、フランス・リーグアンなどもありますが、また後ほど、会社から帰ってきてから、書きますので悪しからず、ご了承ください。
スポンサーサイト

コメント

今季の各国の状況がよくわかりました♪
リーガ、どうなるでしょうね?まさかのレアル優勝でしょうか!?絶対無理だと思ってたのに、意外とレアルは粘りますね。ここはセビージャが優勝してほしいです☆
バイエルンがまさかのCL権逃しでしたね!やっぱり勢いがなかったのでしょうかね~。
ミランは、来季CL無理だろっ、と思ってましたが、いつの間にか上位にいてビックリです。さすが。前半が最悪だったのにすごいと思います。インテル強すぎでしたね笑。

今晩は。コメントありがとうございます。
リーガに付いては、こういうときのレアル・マドリーは強いというのを聞いた事があるので、レアル・マドリーかなとも思いますが、やっぱり僕もセビージャに優勝して欲しいと思います。いつもレアル・マドリーやバルサの優勝じゃ面白く無いですからね。
バイエルンに付いては、チームの歯車がかみ合わなかった感じですね。まさかCLを逃すとは思いませんでしたが・・・
ミランはねえ、開幕前の状況では上位には入れても、CLは無理かなと思ってたんですけどね。しっかり順位を上げてきました。
まあ今季の状況なら、インテルは優勝して当たり前の状況ですからね。まあ仕方ないでしょう^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chelseablue.blog23.fc2.com/tb.php/402-b7cb1f83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ランプス

Author:ランプス
12月26日生まれ
イングランド・チェルシーファン。
Mr.Blueことランプスが、あなたをディープ・ブルーの世界へ誘います。
上イラストはまんじゅさん作

最近スパムが多いので、TB、コメントは承認後に表示するようにしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

Total:
Now:

WORLD TIME

サッカーショップ加茂

サッカーショップ加茂

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。