2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランパード決勝へ自信

25日のリバプール戦の後、ランパードが試合を振り返っています。 uefa.comより この中でランパードは、まずレッズ戦について、「もっとゴールを奪えたはずだが、仕方ない」と語りました。Jコールのゴールに付いては、「我々が流れをつかんでいた時間帯だった。あのような展開になると、だいたいチャンスを生かすことができる。それに無失点で乗り切れたことも良かった。守るべきときにうまく守ることができたと思う」と評しています。 ランパードは、この試合で2本のボレーをGKレイナに止められ、フリーキックを1本外しています。「非常にうまくミートすることができた。おそらく、うまく捉えすぎたんだろう」と振り返りました。「ミスショットだったら、ゴール隅に決まっていたかもしれない。ヒットしすぎたことによって、反応されてしまったんだ。後半のシュートも枠内へ飛んでいたが、再び好セーブに阻まれた。それでこのスコアに留まってしまったというわけだ。1点の差はわずかなもので、これをリードと呼んでいいのかは分からない。まだ半分が終わったにすぎず、第2戦の終わりになってみないと何も言えないだろう」 ランパードのシュートが1本でも決まっていれば、楽な展開になっていたかも知れませんが、勝負ですから仕方ありませんね。 ランパードは第2レグについて、「リバプールは紛れもない強敵で、得点機を作り出すことが出来るチームだ。とくにアンフィールドでは、必ずゴールを奪えると自信を持っていることだろう。だが、彼らの本拠地で得点する自信は、我々も持っている」と自信を見せ、チェルシー・サポへの信頼も見せています。 「彼らはリバプールに乗り込み、いつもどおり最高のサポートをしてくれるはずだ。きっと最高の雰囲気になる。特別な夜になることだろう」 ランパードの言葉を信じて、5月1日を待ちたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chelseablue.blog23.fc2.com/tb.php/363-601841c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ランプス

Author:ランプス
12月26日生まれ
イングランド・チェルシーファン。
Mr.Blueことランプスが、あなたをディープ・ブルーの世界へ誘います。
上イラストはまんじゅさん作

最近スパムが多いので、TB、コメントは承認後に表示するようにしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

Total:
Now:

WORLD TIME

サッカーショップ加茂

サッカーショップ加茂

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。