2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UCL試合前、試合後

チェルシーは25日の試合で、ホームにリバプールを迎えて、1-0の勝利を収めましたが、試合前の記者会見では、モウリーニョ監督はチェルシーが圧倒的に不利と語っていました。 uefa.comより まずモウリーニョ監督は、チェルシーが4冠の可能性を残している為に、日程が厳しいことを挙げました。 「両チームのコンディションが違うので、フェアな戦いとは言えないだろう」また、「リバプールがポルトガルでバルセロナ戦の準備をしている間、我々はリーグカップ決勝など3試合を戦っていた。また、スティーブン・ジェラードは、先日のプレミアシップ(21日のウィガン・アスレティック戦)で先発していないが、そのジェラードとフランク・ランパードが、同じコンディションであるはずがないだろう」 この時点では、リカルド・カルバーリョも出場が危ぶまれていました。試合直前のコンディションテストに通っての出場だったとの事です。 モウリーニョ監督は「私は数字を重視する人間ではないが、チェルシーは過去3年間の勝ち点数がリバプールより60ポイント近くも多い」「だが、ノックアウト方式の大会では、リバプールの成績を称賛しなければならない。チャンピオンズリーグとFAカップで優勝したばかりか、今季もチャンピオンズリーグの準決勝に勝ち残っているのだから」。「我々の勝利を確信してはいるが、リバプールは今年に入ってからチャンピオンズリーグだけに集中している。だからこそ、こうしてこの素晴らしい晴れ舞台へ勝ち進むことができたというわけだ。彼らはグループリーグでも楽な組に入ったが、チェルシーはベルダー・ブレーメンやバルセロナらの強豪チームと一緒だった。その後もポルトとの2試合、バレンシアとの2試合だ」とも語り、レッズを挑発していました。 またJTの前のキャプテンで、元フランス代表キャプテンでもあったマルセル・デサイー氏が、「お互いを熟知しているチーム同士の対戦。フィジカル面で負けた方が敗れると思う。ミスにつながり、そこを相手チームに突かれるからだ」と予想、これは見事に当たりましたね。ドログバとのフィジカル勝負でレッズのアッガーは完敗し、ドログバのパスを受けたJコールに押し込まれた訳ですから。 また、「結局、チーム状態は好調か不調のどちらしかない。チェルシーには過密日程を克服するだけの選手がそろっている。選手の観点からすると、試合勘を維持できるので、間隔が空くよりも頻繁に試合があった方が良い。シーズンは終盤を迎えている。目標に近づいているわけであり、ぜひ試合をやりたいはずだ」とも語り、レッズ有利の予想を否定していました。 デサイー氏は、アテネでの決勝を古巣同士の対戦と予想、つまり、ブルーズとミランとの戦いになるという事です。この予想は、相手はともかくとして、ブルーズの部分は、是非とも当たって欲しいですね!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chelseablue.blog23.fc2.com/tb.php/360-dde974c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ランプス

Author:ランプス
12月26日生まれ
イングランド・チェルシーファン。
Mr.Blueことランプスが、あなたをディープ・ブルーの世界へ誘います。
上イラストはまんじゅさん作

最近スパムが多いので、TB、コメントは承認後に表示するようにしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

Total:
Now:

WORLD TIME

サッカーショップ加茂

サッカーショップ加茂

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。