2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青と赤の戦い 第1章

昨日、早めに休んだお陰で、すっかり元気になりました。心配してくださった皆さんありがとうございました。 それでは今日の記事です。 チェルシーやりました。準決勝第1レグ勝利です 25日20:45からスタンフォード・ブリッジで行われていたUCL準決勝第1レグで、チェルシーはリバプールを1-0降し、第2レグに向けて有利な立場になりました。 この試合、ブルーズは4-3-3で、右からパウロ・フェレイラ、リカルド・カルバリョ(先生by nanakoさん)、JT、アシュリー・コールで組んでいました。先生はニューカッスル戦で、怪我を理由に外れてたんですけど、策略だったのか? 無事に先発でしたね。今季ブルーズのアキレス腱右サイドはPフェレイラです。 中盤はアンカーにクロード・マケレレ、両センターハーフに、それぞれジョン・オビ・ミケル、フランク・ランパードが入っています。 更に3トップはエース、ディディエ・ドログバを筆頭にジョー・コール・アンドリー・シェフチェンコで脇を固めていました。Jコールは今季UCLでの初スタメンとの事です。 試合は、終始ブルーズが攻め、それをGKレイナが防ぐ形でしたね。8分にまず ドログバの落としから、走りこんできたランパードが強烈なシュートを放ちますが、レイナにセーブされてしまいます。シェヴァのシュートがクロスバーを越え、Jコールのクロスにドログバが合わせますが、わずかにヒットせず、ランパ-ドのフリーキックはJコールの足に当たりますが、コースを変えるに至らず左に流れます。 しかし、前半29分ブルーズゴール前から、先生がロングボールをドログバ目掛けて蹴りこみ、それを受けたドログバが突破を図ります。そのままペナルティ・エリアに進入したドログバは横パスを出し、そこに走り込んで来たJコールが左足でゴールを奪い、ブルーズが先制します。JコールはUCL初スタメンで復活弾って所ですね。それにしても、自陣ゴール前からの速い縦パスで、ゴールまで行ってしまうブルーズのカウンターの相変わらずの鋭さを見せてもらいました。 前半はそのまま終了します。後半に入って、チェルシーは徐々に押し込まれます。53分にジェラードに危ないシュートを撃たれますが、守護神ペトル・ツェフが横っ飛びでセーブします。 81分には再びランパードが、ドログバの悪路バティックなパスを受けてボレーで強烈なシュートを放ちますが、レイナがセーブします。 結局、試合は1-0のまま終了。ブルーズがレッズを降し、UCL準決勝では初めてリードした状態で第2レグを迎えることになりました。これは良いですね。今まで準決勝までで決勝への道を閉ざされてきたブルーズは、準決勝ではリード出来ずに第2レグで敗退を余儀なくされてきたのです。それが今季はリードを守る立場ですよ!しかも、ブルーズにはイエローが1枚も出ませんでした。 しかし、第2レグで、守りに入ってはレッズの術中に嵌ってしまうでしょう。当然第2レグも攻めてアテネへの切符を勝ち取ってもらいたいと思います。 試合後のジョゼ・モウリーニョ監督のコメント 選手のプレーにはとても満足している。リバプールでの試合を1-0のリードでスタートできる。これは大きい。今日の主審は的確に笛を吹いていたと言って差し支えないだろう。前半は2,3点、もしかしたら4点入っていてもおかしくなかった。選手は非常にいいプレーをした。後半はリバプールの反撃に遭ったが、われわれはカウンターで対抗した。これが効いていた。全般的に言って、勝利にふさわしい戦いをしていたのはチェルシーだったと思う。1-0という結果については、ベニテス監督をはじめリバプール陣営は、決勝に進出するチャンスのあるスコアだと思うだろう。だが、そう考えるのは、われわれも同じだ。確かにリバプールはホームにめっぽう強いチーム。数十年にわたって、チャンピオンズリーグで好成績を収めてきた伝統の強みもある。だが、われわれにもチャンスはあると思っている。 ブルーズがアンフィールドでレッズに勝つ瞬間を楽しみに待ちましょう! 因みに試合の動画はココから
スポンサーサイト

コメント

イエローカードが一枚も出ないというのは幸運でした。

こんばんは。
カルバーリョ、無事に戻って来てくれたのは大きかったですよね!
モウリーニョ監督は負傷したと言っていたにも関わらず
細かくは触れてませんでしたし
やっぱり策略だったのかも知れませんね(笑)
本当にアンフィールドではさらに追加点を奪い
ぜひ決勝進出を決めて欲しいですね!!

ランプスさん元気になったのですね!良かったです。カルバーリョ(先生)というnanakoさん語はなかなかナイスですよね!
アンフィールドでも、モウリーニョ・チェルシーは勝ち点を獲りにいってくれると思うので、なんとか悲願の決勝進出、果たして欲しいです。

>shimadaさん
今晩は。コメントありがとうございます。
ホンマに、イエロー一枚も出なかったんで、それはラッキーでしたね。
アンフィールドでも、カードを貰わずに戦って欲しいものです。

>はだし狼さん
今晩は。コメントありがとうございます。
ホンマ、カルバーリョ戻って来られたのはラッキーでしたね。どうも試合直前のメディカルテストに通っての出場だったようです。
まあそれも策略だったのかも知れませんが・・・(苦笑)
ホンマ、アンフィールドでも追加点を奪っての、文句なしの決勝進出を決めてもらいたいですね!

>○ふう○さん
今晩は。コメントありがとうございます。
お陰様で、まだ喉の痛みはあるものの、すっかり元気になりましたよ!
nanakoさん語については、お邪魔させてもらったその時から、気に入って、いつか自分の記事でも、使ってみようと思ってました。ホンマ、センスが秀逸やと思います。
アンフィールドでも、追加点を奪っての決勝進出果たして欲しいですよね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chelseablue.blog23.fc2.com/tb.php/359-6c52cded
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CL準決勝 1stレグ チェルシー 1-0 リヴァプール

CL準決勝 1stレグ チェルシー先勝

欧州CL準決勝1戦目2試合

欧州CL準決勝1戦目2試合があり決勝に進出チームがドコか1戦目はマンU対ミランはマンUのホームで行われて3対2でマンUが勝利してミランホームの2戦目に向け有利になったね1戦目チェルシー対リバプールはチェルシーのホームで行われ1対0でチェルシー....

鴎+5と欧州&アジアCLとBLEACH

8時前に起床し背中の消毒でに出掛けて帰る途中でに寄って週刊少年マガジン&週刊少年サンデーを購入してに帰宅してからで欧州CL準決勝1試合の結果を本館ブログに更新やTB返しなど昨日したロンハー&リンカーン見たりしながら午前中は過ごした午後からベットで週刊

チェルシー、コールのゴールでリバプールに先勝/欧州CL

欧州CL準決勝第1戦の1試合がチェルシーのホーム、ロンドンで行われ、初の決勝進出を目指すチェルシーが1-0で2季ぶりの優勝を狙うリバプールを下して先勝しました。チェルシーは前半29分、DFからロングパスを受けたドログバが右サイドを縦に突破し、鋭く切り返し

CL準決勝 1st-leg もう一試合はチェルシー先勝

やっぱり我チェコのGKチェフは凄いな~あんな防具付けている状態でも怯まないもんな。レイナちゃんとは一味違うわてな事で、こっちの山はチェルシーっぽいか?となると噂のマンUとのプレミア、FAカップ決勝、CL決勝と怒涛の三大決戦が実現してしまうのであろうか?この

«  | HOME |  »

プロフィール

ランプス

Author:ランプス
12月26日生まれ
イングランド・チェルシーファン。
Mr.Blueことランプスが、あなたをディープ・ブルーの世界へ誘います。
上イラストはまんじゅさん作

最近スパムが多いので、TB、コメントは承認後に表示するようにしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

Total:
Now:

WORLD TIME

サッカーショップ加茂

サッカーショップ加茂

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。