2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェルシー薄氷の勝利

3月31日に、ワトフォードのビカレージ・ロードで行われたプレミアシップの試合で、チェルシーは後半ロスタイムのサロモン・カルーのゴールで辛くも勝利し、首位との勝点差6をキープしました。 この試合のYouTubeの映像は この試合、チェルシーは手首の骨折をおしてフランク・ランパードが出場、ダイヤモンド型中盤の4-1-2-1-2でこの試合に臨みます。 試合は開始早々はワトフォードのペースで進みます。チェルシーの反撃は6分過ぎでした。ジェレミの右からのクロスに、アンドリー・シェフチェンコ(シェヴァ)が右足で狙いますが、GKにセーブされます。この後、12分くらいまではチェルシーが攻めますが、相手に防がれてしまします。25分過ぎからはショーン・ライト‐フィリップス(SWP)、ディディエ・ドログバ、クロード・マケレレがそれぞれ狙いますが、ゴールを奪うには至らず、またリカルド・カルバーリョのクロスにミヒャエル・バラックがヘッドで合わせますがやはりゴールにはなりません。結局前半を0-0で折り返します。 後半、チェルシーは右サイドバックのジェレミをパウロ・フェレイラに、ディフェンシブ・ハーフのマケレレをサロモン・カルーに交代し、流れを引き寄せようとします。さらに57分には左サイドバックのアシュリー・コールをジョン・オビ・ミケルに交代します。 チェルシーは後半に入ってからは、再三ワトフォードゴールを脅かしますが、相手GKの好守備もあり、得点を奪えず、前掛かりになったところをカウンターでヒヤッとする場面が出ます。 引き分け濃厚となった後半ロスタイム、試合がついに動きます。チェルシー陣内からの浮き球をワトフォードの選手が足に当てて、そのボールがこぼれ、それをクリアしようとした相手選手より、一足早くボールはチェルシーがつなぎ、シェヴァが右サイドからペナルティ・エリアに入った所でクロスを上げ、それにカルーが飛び込み、チェルシーに待望の1点が入ります。 その約2分後に試合は終了し、アウェーで勝点3を積み上げ、首位にまだ喰らい付いています。あと7試合で勝点差は6です。中々首位マンUが負けてくれないので、厳しい状態は依然続いていますが、きっと逆転してくれる事を信じています。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは!
勝ち点2を落としちゃうか~と思ってしまいました。あと、ロッベンの穴を埋めなきゃいけないなかでカルーが点を決めてくれたことは今後にむけても大きいですね!

今晩は!コメントありがとうございます。
そうですね。ホンマカルーのゴールがなかったらと思うと、ゾッとしますよね^^
ロッベンは今期中の復帰は無理そうですが、そんな中、カルーのゴールは明るい材料ですよね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chelseablue.blog23.fc2.com/tb.php/317-02983542
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ランプス

Author:ランプス
12月26日生まれ
イングランド・チェルシーファン。
Mr.Blueことランプスが、あなたをディープ・ブルーの世界へ誘います。
上イラストはまんじゅさん作

最近スパムが多いので、TB、コメントは承認後に表示するようにしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

Total:
Now:

WORLD TIME

サッカーショップ加茂

サッカーショップ加茂

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。