2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄人ランパード

チェルシーは、先のFAカップ準々決勝トットナム・ホットスパー戦で今季50試合目となり、ショーン・ライト‐フィリップス(SWP)のゴールで、今季チーム通産100ゴールとなりました。 チェルシーは、1試合辺り2ゴールを奪ってる計算になります。また今季通産の失点は35点で、128分に1点と言う事になり、1試合は確実に完封している計算です。 そのチェルシーの中でも、特筆すべきは、フランク・ランパードの鉄人振りです。ランパードはチーム50試合中49試合に出場、それどころか46試合に先発しているのです。彼が次に出場するのは、10日後のワトフォード戦になると思いますが、それでなくても、残りのどの試合にでも出場すれば、彼は2003-04シーズンから4年連続チームの50試合に出場した選手となります。これは、ジョン・ホリンズと言う選手が1969年から1973年にかけて作ったチェルシーのクラブ記録に並ぶ事になります。ジョン・ホリンズは、1963年から1975年にかけてと1983年1984年に在籍し、592試合に出場し、64ゴールを上げています。1985年から1988年までは監督までしている、チェルシーのレジェンドの一人です。 プレミアシップに限らず、今のフットボール界でこれほどの出場を誇る選手はそういないでしょう。怪我や、出場停止、ターンオーバーなどによって、試合出場が少なくなる要素が多い現状では、プレミアシップ記録の連続試合出場164と言う記録も持つ、ランパードの鉄人ぶりは、特筆ものです。 元々、彼はイングランド代表経験のある父親のジュニアとして、ウエストハム・ユナイテッドでデビューしたのですが、父親がコーチ、叔父が監督をしていた為に、心無い野次もあったそうです。 しかし、2001年にチェルシーに移籍してからは、現在までチェルシーをプレー面で引っ張り、今季はジョン・テリーの離脱もあってキャプテンマークを巻くこともありました。記憶に新しいところでは、先のカーリング・カップ決勝の後、トロフィーを掲げていましたね。 フランク・ランパード、彼がチェルシーにいる限り、私もチェルシーを応援し続けます。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは!
ほんと、ランパードの鉄人っぷりはすごいですよね。監督にとっても怪我もなく調子に波もないランパードはとても助かるでしょう。
怪我がないというのはワールドプレイヤーの重要な要素の一つだと思います。ランパードはサラブレットですが、血統だけでなく能力も世界トップクラスですよね。私にとって、ランパードはチェルシーで現役を終えてほしい選手の一人です。

今晩は!コメントありがとうございます。
ホンマ、ランパードは監督にしたら、これほどありがたい選手もいないでしょうね。確実に出場できるフィジカルもあるし、得点力もありますからねえ。
彼は、心臓が他人より少し大きいそうで、それも彼のフィジカルの強さに一因かも知れません。
まあホンマ、ランパードは生涯チェルシーでいて欲しいですよね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chelseablue.blog23.fc2.com/tb.php/301-e8d78207
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ランプス

Author:ランプス
12月26日生まれ
イングランド・チェルシーファン。
Mr.Blueことランプスが、あなたをディープ・ブルーの世界へ誘います。
上イラストはまんじゅさん作

最近スパムが多いので、TB、コメントは承認後に表示するようにしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

Total:
Now:

WORLD TIME

サッカーショップ加茂

サッカーショップ加茂

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。