2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンシア、チェルシーに挑戦状

9日に行われたUCL決勝トーナメント準々決勝以降の組み合わせ抽選で、チェルシーは、まず準々決勝でバレンシアと戦う事が決まりました。それについて・・・uefa.comより チェルシーの前に立ちふさがるバレンシアの、キケ・フローレス監督がコメントしています。 「最初にアウエーで試合を行うのは好ニュースだ。われわれにとっては大切なこと。勝負の鍵を握る可能性もある」と語り、また「チェルシーは強豪クラブだ。だが、その結果、私たちは集中力と緊張感を持って試合に臨める。厳しい試合になるだろうが、準々決勝以降はチームの実力差はわずかしかない。1カ月後のチーム状態がどうなっているかは分からない。それまでにリーグ戦が4試合あるので、私たちの自信は上下しているだろう」とも語って、チェルシーが有利との下馬評も認めています。 一方、チェルシーのピーター・ケニオンCEOは、次のようにコメントしています。 「第2戦がホームの方が好ましいが、この段階では、抽選結果を素直に受け止めるしかない。全体的には満足している」。 バレンシアには、フェルナンド・モリエンテス(元リバプール)、エドゥ(元アーセナル)と言うプレミアシップ経験者がおり、また、昨年チェルシーに在籍していたアシエル・デル・オルノも所属しています。デル・オルノは今季、アキレス腱の故障で、UCLの全試合に欠場していますが、既に体調は回復し、チェルシー戦に復帰してくる可能性もあります。 「ロンドンに戻り、知り合いに会うのを楽しみにしている。だが、友情関係は封印し、知っている情報を最大限に利用する」。まあしかし、今のチェルシーは、彼の知ってるチェルシーとは似て非なるものになっていますからね、何処まで、彼の情報が活かせるかは分かりませんが・・・ この両クラブは、共にクラウディオ・ラニエリが指揮を執って、好成績を収めたクラブです。バレンシアでは、コパ・デル・レイで優勝、チェルシーでもUCLベスト4に進出したことがあります。 この両クラブ、現在の実力的な面から言うと、チェルシーの方が有利かも知れませんが、クラブの実績から言うと、UCL無冠のチェルシーに対して、バレンシアの方は、2000年と2001年のUCLで準優勝と、ほんの少しだけバレンシアの方が上回っています。共に初優勝を狙う両チーム、4月4日スタンフォード・ブリッジでの初戦の結果が明暗を分けそうです。 チェルシーとしては、是非ともホームで勝って、敵地に乗り込みたいところです。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは~!
たしかに、CLというのは過去の経験が大きく影響する、ある意味閉鎖的な大会。でも今大会は優勝経験のあるクラブが敗退していっていますから、初優勝クラブがでる可能性も大いにありですよね。チェルシーも、ここで優勝すればはれてビッククラブとして認められるかもしれませんね。

今晩は!早速のコメントありがとうございます。
そうですね。今季は初優勝の大きなチャンスです。ここで優勝できれば、真のビッグクラブとして認められることになるでしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chelseablue.blog23.fc2.com/tb.php/278-e0508fb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ランプス

Author:ランプス
12月26日生まれ
イングランド・チェルシーファン。
Mr.Blueことランプスが、あなたをディープ・ブルーの世界へ誘います。
上イラストはまんじゅさん作

最近スパムが多いので、TB、コメントは承認後に表示するようにしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

Total:
Now:

WORLD TIME

サッカーショップ加茂

サッカーショップ加茂

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。