2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モウリーニョ監督試合後のコメント

チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、6日のホーム、スタンフォード・ブリッジでのUCL決勝トーナメント1回戦対ポルト戦の後、次のようにコメントしました。uefa.comより モウリーニョ監督はまず先制されながら、後半に逆転勝利を収めたチームのメンタル面での強さを讃えました。一方、敗れたポルトのジェズアルド・フェレイラ監督もチェルシーを苦しめた選手達を激励しました。 モウリーニョ監督のコメント 「前半はポルトの方が良いプレーをしていたと思う。だが、後半の我々のパフォーマンスには満足している。ハーフタイムには、選手たちに後半はプレッシャーも含め、楽しんでプレーしてこいと指示した。後半はメンタルの強さを発揮できたと思う。ハーフタイムの選手交代が命運を分けた。激しい試合だったが、我々が上回っていた。プレミアシップで戦っているおかげだろう。後半の素晴らしいパフォーマンスは勝利に値するものだった。ただ、ポルトも自分たちを誇りに思うべきだ。我々が2-1のリードを奪った後も、試合はとてもオープンだったと思う。」 フェレイラ監督のコメント 「前半は我々の方が良く、1-0のリードを奪ってハーフタイムを迎えたのは当然だった。チェルシーが勝ったのは、モウリーニョの選手交代が当たったからだ。(ミケルの投入は)ゲームの流れを変えた。我々は修正を強いられ、チェルシーに勝利を献上してしまった。正当な結果だったが、私は自分のチームを誇りに思う。我々は強かった。負けはしたが、前向きな気持ちを持ち、来年はもっ良い成績が残せるように頑張りたい。私は結果を残せる戦い方を知っているし、今日のゲームはどっちが勝ってもおかしくなかった。」 やはり、欧州カップ戦の戦い方に付いて、モウリーニョ監督に一日の長が有ったと言うべきなんでしょうか。モウリーニョ監督の選手交代策が的中した試合で、それまではどちらが勝ってもおかしくないゲームだったことが窺い知れます。 ともあれ、チェルシーが準々決勝にコマを進めたのは事実です。4月にある準々決勝も突破してくれる事を期待しています。
スポンサーサイト

コメント

おはようございます。
モウリーニョ監督の采配は相変わらず流石でしたね!
本当に厳しいプレミアで戦っているのが
チームにタフさを与えてるんだと思いますし
さらに新加入選手たちも活躍して来てるので
チェルシーにはこの調子で1試合1試合
しっかり勝ち進んで欲しいですね!!

今晩は。コメントありがとうございます。
ホンマ、流石としか言い様の無い采配振りでしたね!
はだし狼さんの仰るとおり、新加入の選手達もチームにフィットしてきていますから、この調子で、4冠達成まで突き進んで行ってほしいですよね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chelseablue.blog23.fc2.com/tb.php/271-f7c03bdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ランプス

Author:ランプス
12月26日生まれ
イングランド・チェルシーファン。
Mr.Blueことランプスが、あなたをディープ・ブルーの世界へ誘います。
上イラストはまんじゅさん作

最近スパムが多いので、TB、コメントは承認後に表示するようにしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

Total:
Now:

WORLD TIME

サッカーショップ加茂

サッカーショップ加茂

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。