2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!今季初タイトル

25日15:00(現地時間)からウェールズ・カーディフのミレニアム・スタジアムで行われていたイングランド・リーグカップ(カーリング・カップ)で、チェルシーが見事に優勝を果たし、今季初タイトルを獲得しました。 イングランド代表監督スティーブ・マクラーレンが視察に訪れたこの試合にはなんと、水曜日のUCLポルト戦で足首を負傷したキャプテンジョン・テリー(JT)が脅威の回復を見せ、スタメンに名を連ねました。 チェルシーはスタジアムの滑りやすい芝に悩まされます。そしてまず11分にアーセナルに先制点を奪われます。しかしこのゴールからチェルシーは攻勢を仕掛け、20分にディディエ・ドログバが同点ゴールを決めます。後半に入っても一進一退の攻防が続きますが、チェルシーに衝撃が走ります。キャプテンJTにガナーズ選手が接触、顔面にキックを受ける形なって、テリーは担架にのせられ退場、ジョン・オビ・ミケルと交代となります。この時JTは舌を飲み込んでいたらしく、酸素マスクをつけての退場となりました。この負傷で、チェルシーに暗雲が垂れ込めそうになりますが、83分にドログバが後半から入ったアルイェン・ロッベンのクロスをヘディングで叩き込み、この日2点目今季通算28点目となるゴールでチェルシーが逆転に成功します。 試合はこのまま終了するかと思われましたが、ロスタイムに入ってミケルとアーセナルのコロ・トゥーレがもめ、両者退場。さらにアーセナル選手が退場になり、大荒れのゲームとなってしましました。さらにフランク・ランパードもイエローを貰う始末で、結局イエロー7枚レッド3枚が飛び出す後味の悪い試合になってしまいました。 しかしこの試合はやっぱりドログバでしょう!彼の2ゴールが無かったらチェルシーの優勝は無かったわけですから。そして、JTです。水曜日のケガからホンマ驚異的な回復力でこの試合に間に合わせてきました。試合中の負傷で、一旦は病院へ搬送されたものの、優勝後のセレモニーでは戻ってきて、トロフィーを掲げたみたいで、ホンマスゴイの一言に尽きますね。 ミカエル・エッシェンもやはりMFからCBに回されて失点を防ぎ、ロッベンも途中出場ながらアシストを記録するなど、各選手がやるべき事をしっかりやったという感じですね。 チェルシーはこれで、4回目のリーグカップ覇者となり、ジョゼ・モウリーニョ監督が着てからの2年半の間に5個目のタイトルとなりました。まあJTについては、再びプレーする前にメディカルテストを受ける必要があるみたいですが、あまり無理はして欲しくないですね。もう今の状態でJTが欠けることにでもなったらと思うと、ゾッとしますね。 まあ何はともあれ初タイトルです。これからまだまだ獲らなくてはいけないタイトルがあるので、油断は禁物ですが、今日1日くらいは余韻に浸りたいですね。
スポンサーサイト

コメント

おはようございます。
見事に今季初タイトルをものにできましたね!
テリーの負傷シーンは壮絶で心配でしたが
どうやら大丈夫みたいで安心しました。
この優勝を糧にチェルシーにはさらに勢いに乗って欲しいですね!!

お早うございます。
ホンマ、今季初タイトルです。嬉しい限りです。
テリーの負傷もそのシーンを見ていたら、凄い不安になりますが、もう大丈夫そうなので、一安心ですね。
仰るとおり、この優勝をきっかけにして更なる前進をして欲しいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chelseablue.blog23.fc2.com/tb.php/244-bc038af6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ランプス

Author:ランプス
12月26日生まれ
イングランド・チェルシーファン。
Mr.Blueことランプスが、あなたをディープ・ブルーの世界へ誘います。
上イラストはまんじゅさん作

最近スパムが多いので、TB、コメントは承認後に表示するようにしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

Total:
Now:

WORLD TIME

サッカーショップ加茂

サッカーショップ加茂

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。