2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルチョの危機

イタリアで、サポーターの暴動が起き、100人以上が負傷、警官一人が死亡すると言う痛ましい事件がありました。まずはその亡くなった警官に対して、ご冥福をお祈りしたいと思います。 この暴動は、シチリア島の2チーム、カターニアvsパレルモの間で、2日に行われたシチリアダービーで、ホームのカターニアが負けたことで起きたようです。と言っても、試合中から発炎筒が投げ込まれたり、催涙弾が打ち込まれたりして、30分の中断もあったみたいです。 シチリア島は確か映画の「ゴッド・ファーザー」の舞台ですよね。試合中の映像や暴動の様子などを見ていると、マフィアの抗争のような感じでしたね。カターニアは今期から前東京ヴェルディの森本貴幸が加入していて、先日初出場で初ゴールを上げたところなんですが、森本はこの試合に出場はしていませんでした。 この暴動を受けて、イタリアカルチョ連盟(サッカー協会)はこの週末(3日・4日)の試合の中止を決め、今後の試合についても無期限の停止を決定しました。昨年のカルチョ不正疑惑からまだ1年も経っていないのに、今度の事件で、イタリアのカルチョの面目は丸つぶれです。またイタリア代表の親善試合も中止となり、昨年の疑惑を吹き飛ばしたワールドカップの栄光が地に堕ちてしまいました。 ホンマにイタリアのサッカーの試合の映像では、発炎筒や何かが投げ込まれたりしているのをよく見ますが、アレはやっぱり良くないですよね。イングランドのサッカーファンがフーリガンと呼ばれ、恐れられていた時期がありましたが、今はイタリアのファンの方が怖いです。 この暴動に着いて、フ○テレビの「すぽると」のアナウンサーが「レベルの高い所で・・・」などと言っていましたが、今期のセリエAはユーベがいないし、ミランも勝点を減点されてのスタートで、インテルの一人勝の状態ですから、例えこの2チームが上位にいたとしても(パレルモは昨季も上位でしたが)必ずしもレベルが高いとは言えないのではないでしょうか。 このままセリエAが試合が行われずに、そのままシーズン終了なんて事になったら、今回暴動を起こした人はどうするんでしょうね。自分達の行動が元で、好きなカルチョが見られないとは。よくよく反省して、2度とこんなことをして欲しくないです。 イタリアのサッカー協会も今回の事件は重く見て、すばやく動きましたが、昨年の不正疑惑から2年連続の不祥事に頭の痛いことでしょう。セリエAの試合はイタリアの歴史の縮図ですから、まあ都市国家同士の擬似戦争みたいなものなのでしょうが、暴動とか死者が出るとか言うのは、今回限りにして欲しいですね。亡くなった警官の魂が浮かばれるような方策を研究して、なるべく早期にセリエAを再開してもらいたいですね。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは!
まったくそのとおりだと思います。私はなんだかんだ言ってカルチョも好きだったんですが…。そろそろカルチョ界もかなりの制裁をして浄化しないと本当に腐ってしまいますよね。

こんにちは!コメントありがとうございます。
本当にここで、かなりの改革をしないといけないのではないかと思います。昨季の不正疑惑の時の処分みたいな形だとUEFAやFIFAから何らかの制裁等の処分を受ける可能性もありますから、自分達で厳しい姿勢を見せる必要があるでしょうね。
やっぱりこのままカルチョが見られなくなったり、UCLでイタリアのチームとの対戦機会がなくなるって言うのはイヤですもんねえ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chelseablue.blog23.fc2.com/tb.php/199-a3312c04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ランプス

Author:ランプス
12月26日生まれ
イングランド・チェルシーファン。
Mr.Blueことランプスが、あなたをディープ・ブルーの世界へ誘います。
上イラストはまんじゅさん作

最近スパムが多いので、TB、コメントは承認後に表示するようにしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

Total:
Now:

WORLD TIME

サッカーショップ加茂

サッカーショップ加茂

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。