2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イングランド、アンドラ戦をスペインで

UEFA理事会はユーロ予選アンドラvsイングランドの試合をスペイン・バルセロナにあるRCDエスパニョールのホーム、オリンピコ・デ・モンジュイックで開催する事を承認した。uefa.comより この記事を見て、アンドラって何処にあるの?と思った方も居るのではないでしょうか。アンドラはフランスとスペインにはさまれたピレネー山脈にある小さい公国で、国家元首をフランス大統領とスペインの司教が共同で務めています。1993年に正式に独立国家として認められた比較的新しい国です。 で、そのアンドラとイングランドのユーロ予選の試合がバルセロナであるのかなと思ったら、アンドラの公用語はバルセロナと同じ、カタルーニャ語なんですね。そして、バルセロナから車で2時間ほどと、バルセロナとの結びつきは結構強いようです。 アンドラは首都のアンドラ・ラ・ヴェリャでさえ、人口が2万人程度ですから、当然何万人も収容できるような大きいスタジアムがるはずも無く、最高2万とも言われるイングランドサポーターの来訪は、アンドラにとっても困難なことらしいのです。 このアンドラvsイングランドの試合は3月28日に予定されています。
スポンサーサイト

コメント

アンドラのような小国でも他国の大きなスタジアムで一流の強豪国と(予選だから)真剣勝負の試合ができる、やっぱり欧州のサッカー文化は発達してますよね

今晩は!コメントありがとうございます。
まあ欧州の場合、選手の立場では常に最高峰のサッカーに触れる事が出来るという環境にあるわけですから、そこはやはり欧州の奥の深さになると思います。
まあアジアの場合は、国同士のサッカーのレベルの差が激しいこともあり、一部の国以外の国との真剣勝負になると、大量点差がついたりしますから、そこはやっぱり欧州には敵わないでしょうね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chelseablue.blog23.fc2.com/tb.php/181-9cab3bb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ランプス

Author:ランプス
12月26日生まれ
イングランド・チェルシーファン。
Mr.Blueことランプスが、あなたをディープ・ブルーの世界へ誘います。
上イラストはまんじゅさん作

最近スパムが多いので、TB、コメントは承認後に表示するようにしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

Total:
Now:

WORLD TIME

サッカーショップ加茂

サッカーショップ加茂

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。