2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良いニュース、悪いニュース

 まずは、悪いニュースの方から。 先のアストン・ヴィラ戦で負傷交代したハリド・ブラルズは、右ひざの靭帯の負傷で、全治1ヶ月の見通しです。CBの選手層が極端に薄いチェルシーとしては、非常に痛い怪我となりました。キャプテン、ジョン・テリーの復帰までは、ユーティリティ性の高い右SBのパウロ・フェレイラを代役とするしかないかなと思います。 更に、昨年疲労骨折で離脱中のMFジョー・コールは、どうやら今季絶望らしいです。医師に手術を勧められており、後は本人の決断次第のようなんですが・・・アリエン・ロッベンも離脱中やし、昨年までの躍進を支えたサイドプレーヤーが二人ともいません>< 暗いニュースはこれ位にして、次は明るいニュースを。 まず、昨年暮に腰の手術を行ったキャプテン、ジョン・テリーがプレミアシップの次戦13日のウィガン・アスレチック戦で復帰できる見通しとなりました。チェルシー監督のジョゼ・モウリーニョが2日のアストン・ヴィラ戦前に語ったもので、実際テリーは手術翌日にはもう軽いジョギング程度のトレーニングを始めています。守備だけでなく、攻撃面でもテリーの存在は大きいので、13日が待ち遠しいですね。 また、昨年頭蓋骨骨折の大怪我を負った守護神ペトル・ツェフも早ければ1月中にも復帰できる見通しとのことです。この二人が健在ならば、前線の選手は安心して攻撃に集中出来ますから、首位マンU追撃にこれ以上のことはありません。 もっとも、直ぐにこの二人にフル稼働させるわけにもいかないでしょうから、CBとGK、特にCBの補強は喫緊の課題です。あるニュースによれば、バレンシアのCBロベルト・アジャラの獲得に興味とか、ローマのマッテオ・フェラーリとか言われています。まあ実際どうなってるかは分かりませんが、チェルシーの公式発表を待ちたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは~!
待望のテリーとチェフの復帰が近づいてきましたね。テリーはかなり早い回復ですが、それでもファン側としてはテリーの不在はとても痛かったですし、長く感じました。これからマンU追撃体勢に入るには二人が必要ですから、無理して再故障者リスト入り、というのだけは避けてほしいです。

コメントありがとうございます。
ホントにテリーとツェフの不在が首位マンUとの勝点差に如実に表れてると思います。
パベルさんの仰るとおり、二人に無理せずしっかり直してから復帰してもらいたいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chelseablue.blog23.fc2.com/tb.php/145-24d6ad49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ランプス

Author:ランプス
12月26日生まれ
イングランド・チェルシーファン。
Mr.Blueことランプスが、あなたをディープ・ブルーの世界へ誘います。
上イラストはまんじゅさん作

最近スパムが多いので、TB、コメントは承認後に表示するようにしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

Total:
Now:

WORLD TIME

サッカーショップ加茂

サッカーショップ加茂

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。