2017-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当然の反応

ガエル・カクタの獲得に纏わる、FIFAの2回分の補強禁止と賠償金の支払いという裁定に対し、チェルシーFCとしての声明が発表されました。
続きに原文のまま表示します。






Posted on Thu 03 Sep 2009

Chelsea Football Club has issued the following statement:

Chelsea will mount the strongest appeal possible following the decision of FIFA's Dispute Resolution Chamber over Gaël Kakuta.

The sanctions are without prescedent to this level and totally disproportionate to the alleged offence and the financial penalty imposed.

We cannot comment further until we receive the full written rationate for this extraordinarily arbitrary decition.

(訳):チェルシーはガエル・カクタについてのFIFAの下した処分に対し、可能な限りの上訴をします。
この様な制裁は、前例の無いものであり、申し立てられた容疑に対して財政的な制裁は完全に不均衡です。
我々は、完全な書類が届くまでは、これ以上のコメントを発することはありません。
この声明のもとになったFIFAの処分内容も、載せておきます。

The Statement is in response to the following decition by FIFA's Dispute Resolution Chamber announced today(Thursday):

On the occasion of its last meeting held on 27 August 2009,the Dispute Resolution Chamber(DRC) was called to pass decition in a contractual dispute opposing the French cub Lens to the French Player Gael Kakuta and English club Chelsea.

The French club had lodged a claim with FIFA seeking compensation for breach of contract from the player and requesting also sporting sanctions to be imposed on the player and the English club for breach of contract and inducement to breach of contract respectively.

The DRC found that the player had indeed breached a contract signed with the French club.Equally, the DRC deemed it to be established that the English club induced the player to such breach.

As a result the player was condemned to pay compensation in the amount of €780,000, for which the club,Chelsea,are jointly and saverally liable, and sporting sanctions were imposed on both the player and Chelsea in accordance with art.17 par. 3 and 4 of the regulations on the status and transfer of players.

A restriction of four months on his eligibillty to play in official matches has been imposed on Kakuta.
Chelsea are banned from registering any new players, either nationally or internationally, for the two next entire and consective registration periods following the notification of the present decition.

furthermore, the club, Chelsea, have to pay Lens training compensation in the amount of €130,000.

(訳)2009年8月27日に行われた会議で、DRCは、フランス人選手ガエル・カクタとイングランドのクラブ、チェルシーを、フランスのクラブであるランスに対する契約違反の廉で呼び出しました。
フランスのクラブは、FIFAに対し、誘導による違約があったとして、選手には違約補償金を支払うことと、選手とクラブにスポーツ制裁が科されるように要求していました。
DRCは、イングランドのクラブがそのような不履行を選手にさせたと考えました。
その結果、選手とクラブが78万ユーロの補償金の支払いをすること、スポーツ制裁は、選手とクラブの双方に課されました。
カクタには4カ月の公式戦出場停止、チェルシーには国内的国際的とを問わず、2回の移籍市場期間で新しい選手の登録が禁止されます。
さらにチェルシーには、ランスに対して(カクタの)トレーニング料として13万ユーロの支払いが命じられました。

実際CASなどに上訴する形になるかと思います。まだ上訴すらしていないと思われる状態では、なんとも言えませんが、チェルシーの言い分が認められることを祈りたいですね。

スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chelseablue.blog23.fc2.com/tb.php/1055-dec9406a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

«  | HOME |  »

プロフィール

ランプス

Author:ランプス
12月26日生まれ
イングランド・チェルシーファン。
Mr.Blueことランプスが、あなたをディープ・ブルーの世界へ誘います。
上イラストはまんじゅさん作

最近スパムが多いので、TB、コメントは承認後に表示するようにしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

Total:
Now:

WORLD TIME

サッカーショップ加茂

サッカーショップ加茂

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。