2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また若手獲得も・・・

チェルシーは、FWダニエル・ストゥーリッジを獲得したと発表しました。昨季はマンCに所属していましたが、契約切れとなり、チェルシーが獲得した模様です。一応フリー・エージェントとしての獲得のようですが、マンCは保証金を求めるつもりのようです。
まあイングランド国籍の若手選手を獲得するのは、路線的には間違ってないと思われますので、ここでとやかくは言いませんが、マンC絡みでは、JTへ高額オファーを出していると言うのが気になります。
今のところ、チェルシーは首を縦に振る気は無さそうですが、世界一の金満クラブのことですから、またとてつもない高額オファーを出してこないとも言い切れません。そうなると、どこまで抵抗できるか・・・

今までは、油様の資金力で選手を引き抜く立場やったチェルシーが、引き抜かれる立場になるのを肯じ得ないとは思いますが、JTはチェルシーの中でも下部組織出身ということもあり、象徴ともいえる選手だけに、流出は是非とも避けてほしいものです。
スポンサーサイト

テーマ:イングランド・プレミアリーグ - ジャンル:スポーツ

コメント

こんばんは~

選手売却も今夏は市場がとんでもないので、選手によっては売ってしまってもいいかな、と。でも、テリーは絶対に売ってはいけない選手ですよね

チェルシーが破産寸前でない限り、JTの移籍はないのではないでしょうか。

ストゥーリッジの獲得はうれしいですが、テリーの噂はちょっと嫌な感じですね
絶対に残ってもらいたいけど、さすがにすごい金額を要求されたらやばいかも・・・

>パベルさん
いつもありがとうございます。
ホンマ、今季はかつてないほどの金額が飛び交ってますからね。チェルシーでも、チームの根幹に関わる選手以外は、金額によって売却も已むなしとは思いますけどね。
JT、ランパード、A、Jの両コール、ドログバなどは絶対に売ってはいけないと思います。


>あやっくすさん
いつもありがとうございます。
まあ、この金融不況下でもチェルシーが破綻寸前にまで追い込まれることはないと思いますので、やはりJTは大丈夫でしょうかね。


>ヴィンセントさん
いつもありがとうございます。
ターンブルに続いてのストゥーリッジの獲得で、ちょっと嬉しくなった矢先にこの噂なんで、冷水を浴びせかけられた気分です。
ファンとしては、絶対に残留してもらいたいし、クラブとしてもそうでしょうが、ミランがカカーを売却せざるを得なかったようなことだけは、避けてほしいものですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chelseablue.blog23.fc2.com/tb.php/1047-b94ff92f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ランプス

Author:ランプス
12月26日生まれ
イングランド・チェルシーファン。
Mr.Blueことランプスが、あなたをディープ・ブルーの世界へ誘います。
上イラストはまんじゅさん作

最近スパムが多いので、TB、コメントは承認後に表示するようにしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

Total:
Now:

WORLD TIME

サッカーショップ加茂

サッカーショップ加茂

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。